履歴書をレターパックで送る方法

履歴書をレターパックで送りたい!

レターパックで履歴書を送る時の注意点を教えるよ!

  • 履歴書のレターパックの書き方
  • 履歴書用のレターパックの書き方で注意すべき点
  • 履歴書をレターパックで送る時の郵送方法ポイント

をまとめました。

履歴書のレターパックの書き方

書き方の完成例

  • 住所や会社名など、省略せずに記入する

レターパックの書き方

レターパックライトで、履歴書を発送する場合の書き方を、紹介します。

 

1.お届け先の情報を記入

書き方1

お届け先の

  • 郵便番号
  • 住所
  • 氏名
  • 電話番号

を記入します。

氏名欄には、あらかじめ、様が印字してあります。

  • 個人宛の場合→そのまま個人名を記入
  • 個人宛ではない(部署宛など)場合→様を2重線で消し、御中と記入

します。

 

2.差出人の情報を記入

書き方2

差出人の

  • 郵便番号
  • 住所
  • 氏名
  • 電話番号

を記入します。

氏名欄には、あらかじめ、様が印字してあります。自分に敬称が付くのは不自然なので、2重線で消します。

また、へりくだった印象になるように、

  • ご依頼主→依頼主
  • おところ→ところ
  • おなまえ→なまえ

のように、ご、お、を2重線で消すと、より丁寧になります。

 

3.品名を記入

書き方3

品名欄に、書類と記入します。

品名欄は、郵便局がスムーズに配達するために、設けています。

  • 内容品が禁止品ではないか
  • 航空輸送に問題がないか

を確認するためのものなので、履歴書や請求書のように、書類の内容まで記入する必要はありません。

 

4.保管用シールをはがす

書き方4

保管用シールをはがします。追跡サービスを利用する時に必要なので、はがすのを忘れずに。

また、履歴書は、一度に何社も発送することも。どこ宛の追跡番号かわかるように、余白に、

  • どこ宛
  • いつ発送したのか

など、メモをしておくと良いでしょう。

 

履歴書在中はどこに書く?記載例

封筒の左下に記入する

履歴書在中書き方1

履歴書在中は、封筒の左下に記入します。

赤字で履歴書在中と記入し、四角の枠で囲みます。枠は、フリーハンドではなく、定規を使って書きましょう。

手書きが苦手な場合は、スタンプを利用しても良いですね。

 

でかでかと大きく書かない

目立つようにと、大きい文字で書くのは、NG。

在中は、添え字の役割があります。宛名情報よりも、小さめの文字で書きましょう。

 

料額印面の下には、記入しない

履歴書在中書き方2

レターパックの封筒には、左側に余白があります。

履歴書在中は、どこに書いても良いわけではありません。注意書きにあるように、料額印面(370と印字されている部分)の下の余白には、書かないように注意。

注意書きより下の余白に、記入しましょう。

 

品名はどうする?

  • 品名欄には、書類と記入する

書き方3

品名は、書類と記入します。

品名欄は、受取人ではなく、郵便局側が確認するためのものです。履歴書や請求書のように、書類の内容まで記入する必要はありません。

 

履歴書在中は、封筒左下に記入する

会社には、毎日たくさんの郵便物が届きます。確実に担当者のもとに届くように、一目見て、履歴書だとわかるように、工夫しましょう。

品名欄とは別に、封筒左下に、赤字で、履歴書在中と記入します。

封を開けなくても、中身が履歴書だとわかりますね。

 

履歴書用のレターパックの書き方で注意すべき点

住所や会社名などは、省略しない

書き方注意

郵便番号が正しければ、都道府県名を記入しなくても、基本的には届きます。

ただし、郵便番号が間違っていた場合、

  • 配達が遅くなる
  • 迷子郵便になる

可能性が。都道府県名は、省略せずに記入しましょう。

また、

  • (株)ではなく、株式会社
  • (有)ではなく、有限会社

など、カッコで省略せずに記入します。

氏名欄は、枠が小さいです。大きく書きすぎると、枠内に収まらないことも。

はみ出さないように、丁寧に記入しましょう。

 

宛先によっては、様を御中に修正する

レターパックの氏名欄には、あらかじめ、様が印字されています。

会社の個人宛に送る場合は、そのままで構いません。ただし、個人宛ではなく、人事部などの部署宛に送る場合は、様を2重線で消し、御中と書き直しましょう。

 

差出人の敬称は、2重線で消す

レターパックの氏名欄には、あらかじめ、様が印字されています。

自分に敬称が付くのは不自然なので、様を2重線で消しましょう。

 

履歴書をレターパックで送る時の郵送方法ポイント

送り先の手間をなくすなら、レターパックライトで送る

郵送ポイント

レターパックには、

  • レターパックプラス(赤色封筒)
  • レターパックライト(青色封筒)

の2種類あります。

一番の大きな違いは、配達方法で、

  • レターパックプラス→対面でお届けし、受領印または署名が必要
  • レターパックライト→郵便受けへお届け

です。

対面受け渡しだと、確実に相手に届くので、安心感があります。ただし、受領印が必要なため、会社の人の手をわずらわせることに。

また、会社が休みの場合は、いったん持ち帰りになるので、再配達の依頼が必要です。

レターパックライトは、郵便受けへのお届けです。直接受け取る必要がないため、会社の人の手間になりませんね。

 

ポスト投函の場合は、回収時間に気を付ける

レターパックは、発送の際に、ポスト投函で差し出せます。時間を気にせず差し出せるのは、魅力的ですね。

ただし、ポストには回収時間があります。回収時間後に出されたレターパックは、翌日まで回収されません。

履歴書を締切ギリギリに送ることは、あまりないとは思います。ただし、急ぎの場合は、郵便局の窓口で発送した方が、安心ですね。

 

まとめ

  • 履歴書をレターパックで送る時は、住所や会社名など、省略せずに記入する
  • 品名欄には書類と記入し、履歴書在中は、封筒左下に記入する
  • 部署宛の時は、宛先に印字してある様を、御中に書き直す
  • 受け取る時の手をわずらわせないため、レターパックライトで送る方が良い
  • ポスト投函で差し出せるが、回収時間に注意する

ビジネス用の書き方のポイントは、一度確認した方が安心だね!

レターパックの書き方をビジネス用、会社向けに説明

スポンサーリンク