トートバッグの梱包方法

トートバッグの梱包の仕方は?

  • トートバッグ 梱包の仕方は?
  • トートバッグを安く送る方法
  • 梱包する時のコツと注意点
  • トートバッグの梱包例

をまとめました。

 

トートバッグの梱包の仕方は?

梱包手順

トートバッグの梱包方法1

  • 持ち手部分も丁寧にチェック

1.バックの保存状態をチェック
トートバッグの梱包方法2

バックは新品でも、素材によっては傷んでしまうことがあります。合皮・皮の場合は、表面に傷がないかよくチェックしましょう。
ビニール素材の場合も、汚れや色褪せがないか確認しておくことが大切です。バックの中身も損傷がないか、一緒に確認しておきましょう。

 

2.持ち手の状態を確認する
トートバッグの梱包方法3

トートバックによっては、持ち手に芯があるものがあります。芯があると折り畳んで梱包しにくいので、梱包前に確認しておきましょう。

 

3.バック全体を包むビニールを用意
トートバッグの梱包方法4

バック全体を包める大きさのビニール袋を用意します。

バックの大きさによって、薄く大きいポリ袋を使うと全体を包みやすくなります。

 

4.トートバックをビニール袋に入れる
トートバッグの梱包方法5

バックの素材によっては、折ってしまうと元の形状に戻りにくいものがあります。

合皮や皮素材のものは、折らずにビニール袋に入れた方が良いでしょう。

布やビニール素材のトートバックは、端部分を2つ折りに畳んでから、ビニールで包むことも可能です。

 

5.紙袋・段ボールにトートバックを詰める
トートバッグの梱包方法7

紙袋または、段ボールにビニール袋で包んだトートバックを入れます。

紙袋を使う場合は、中身がわからないように厚みのある袋がおすすめです。

 

6.袋や段ボールをしっかり封をする
トートバッグの梱包方法8

トートバックを袋や、段ボールに詰めたら中身が出てこないように、しっかりテープで封をします。

 

持ち手を梱包するコツ

トートバックの持ち手の素材をチェック

トートバッグの持ち手

トートバックは他のバックと比べると、持ち手部分の素材がたくさんあります。

綿や麻、布素材は折り畳んで、コンパクトに梱包することが可能。

でも、持ち手を強化したトートバックの場合は、折り畳むのが難しく、梱包に注意が必要な素材も。

  • 竹やカゴなど、素材自体が固い
  • 合皮や皮
  • 太い芯がある

など、ムリに折り畳むと折り目が目立ってしまう場合もあります。

梱包する前に持ち手を確認すると、用意する袋・段ボールの大きさの目安もつきやすくなりますね。

 

畳めない持ち手は、プチプチで個別に包む

折り畳めない持ち手の梱包は、全体をビニールで包む前に行うのがおすすめです。

持ち手部分をグルッと覆うように、プチプチで持ち手部分を包みます。

片手ずつ別々に分けて包むと、ビニール袋に入れた後も、袋の中で擦れにくくなります。

プチプチがない場合は、

  • 新聞紙
  • 未使用のコピー用紙

を使っても良いでしょう。

 

トートバッグを安く送る方法

  • 安く送るなら定形外普通郵便

トートバッグの安い発送方法
トートバックはバック自体が重くないのに、梱包後のサイズが大きくなりがちです。

定形外普通郵便は、重さで送料が決まるので安く送りたい時にぴったりですね。

  • 100g以内 220円
  • 150g以内 290円
  • 250g以内 340円
  • 500g以内 500円
  • 1kg以内 700円
  • 2kg以内 1,020円

また全国一律料金なので、遠方地域への送料の負担を減らしたい時にも向いています。

 

  • 小さいトートバックの場合は、クリックポストがお得

トートバックでもサイズによっては、クリックポストで発送した方がお得に送れる場合があります。

特に

  • お弁当箱
  • 少量の荷物

を入れるための小さいトートバックは、折り畳むとコンパクトになりますよね。

定形外普通郵便よりも、クリックポストの方がおすすめです。

 

クリックポストはA4サイズの大きさで、厚さ3㎝以下1㎏以内の荷物ならば

  • 全国一律料金 185円
  • 追跡サービスあり
  • ポスト投函で発送と受け取りが可能

で発送することが出来ます。

持ち手が折り畳み可能な、小さいトートバックを送る時に便利ですね。

 

  • 段ボールで送るならゆうパックが安い

ブランドや、素材にこだわったトートバックを送る時は、段ボールに入れて安全に送りたいですよね。

  • しっかりと安全
  • リーズナブルな価格

で送りたい時は、ゆうパックがおすすめです。

同じく宅急便サービスを行っている、クロネコヤマト宅急便と、ゆうパックを比べてみると…

ゆうパックの配送料金

  • 60サイズ 800円~ 1,520円
  • 80サイズ 1,010円~1,730円
  • 100サイズ 1,260円~1,970円

クロネコヤマト 宅急便

  • 60サイズ 907円~ 1,987円
  • 80サイズ 1,123円~2,527円
  • 100サイズ 1,361円~3,061円

ゆうパックの方が、同じサイズを送る時に安く利用することが出来ますね。

また、ゆうパックは郵便局に持ち込んだり、同じ送り先に送る場合は割引が適応されます。

厚みのあるトートバックや、ブランドなどのトートバックを遠方に送りたい時も、大変便利です。

 

メルカリで送る場合

  • 小さいトートバックを送るなら、ゆうゆうメルカリ便がお得

メルカリで小さいサイズのトートバックを送る時は、ゆうゆうメルカリ便のゆうパケットがお得です。

ゆうパケットは、

  • 3辺合計60cm
  • 厚さ3cm
  • 重さ1kg

以内であれば

  • 全国一律175円
  • 配送状況確認可能

クリックポストよりも安く利用することが出来ます。

折り畳めるトートバックの場合は、とてもお得ですね。

  • 大きいサイズのトートバックも、一律料金で遠くまで安く送れる

メルカリで大きいサイズのトートバックを送りたい時は、らくらくメルカリ便の宅急便がお得です。

通常の宅急便と違い、一律料金で遠方まで配送することが出来ます。

  • 60サイズ 700円
  • 80サイズ 800円
  • 100サイズ 1,000円

さらに追跡サービスがあるので、配送状況を確認出来るのも安心ですね。

またらくらくメルカリ便の宅急便の場合は、配送日時の指定サービスもあるので、受け取り側も利用しやすい配送方法と言えるでしょう。

今度はヤフオクで、トートバックを送る方法をまとめてみました。

 

ヤフオクで送る場合

  • ヤフネコ!パックが便利

ヤフオクもメルカリと同じく、提携している配送サービスがあります。

その中でも、小さいトートバックを送る時に便利なのが、ヤフネコ!のネコポスです。

ヤフネコ!のネコポスは

  • 全国一律195円
  • A4サイズ・厚さ2.5cm以内・重さ1㎏以内であればOK
  • 追跡サービスあり
  • 補償サービスあり※上限3,000円まで
  • 匿名配送可能

とサービス内容が充実しています。

ヤフオクで小さいトートバックを安全に、安く送りたい時は大変便利ですね。

 

  • 段ボールで送るなら、ヤフネコ!宅急便がおすすめ

メルカリのようにヤフオクも、一律料金で宅急便を利用出来るサービスがあります。

厚みのあるトートバックや、持ち手が折り畳めないタイプを送る時にぴったりです。

ヤフネコ!宅急便は

  • 60サイズ  600円
  • 80サイズ  700円
  • 100サイズ 900円
  • 120サイズ 1000円

と通常の宅急便と比べると、かなりリーズナブルな価格で利用が出来ます。

配送時の紛失や、荷物の破損時は、上限30万円の補償サービスがついているので、ブランド品や1点ものなどトートバックも、安心して利用することが出来ますね。

 

梱包する時のコツと注意点

ポイント

濡れないようにビニールでバック全体を包む

トートバッグ発送時の水漏れ予防

バックは雨に濡れると、水分がシミになって残ってしまうケースが多いです。梱包する特は、ビニール袋でバック全体を包んでから、袋や段ボールに入れましょう。

配送中に雨や、雪などで荷物が多少濡れても、ビニール袋で包んでおけば安心です。

素材・形状に合わせて発送方法を変える

トートバックは様々な素材で出来ています。布やビニール製のものが多いですが、

  • カゴのように素材を編み込んだバック
  • 持ち手が竹で出来たデザイン

のものもありますよね。

無理に折り畳みを行うと、形が崩れてしまうトートバックではないか、よく素材やデザインを確認しましょう。

 

注意点

コンパクトに畳み過ぎない

布やビニール製のトートバックは、折り畳みやすいですよね。

送料を節約したいからといって、あまり小さく畳み過ぎてしまうと、折り目がつき過ぎて元の形状に戻らなくなります。

特にバックを真ん中から2つ折りにしてしまうと、くっきりと折り目が目立ちます。左右の両端から折ると、真ん中に折り目がつきにくくなります。

 

  • 持ち手が配送中に折れないか、梱包で固定
  • 折り畳みが出来る布地
  • ビニール素材

のトートバックは、持ち手も一緒に梱包出来ますよね。

でも、竹や、芯の入った持ち手が立つタイプは、梱包中に擦れて傷ついてしまう場合があります。

バック全体をビニール袋で包む前に、持ち手を個別に梱包しておくのがおすすめです。プチプチでしっかり包んで、配送中に傷つかないように固定しましょう。

実際にトートバックの梱包した様子を見てみましょう。

 

トートバッグの梱包例

  • トートバックのサイズに合わせた袋を使う

送料を節約したい時は、無理やり小さな袋に入れたくなりますよね。

でも、トートバックのサイズに合わないと、封がしっかりと締まらないことも…。

バックのサイズに合った、袋や段ボールを選ぶことも大切です。

 

まとめ

  • トートバックは梱包前に、バックや持ち手の状態をよく確認する
  • 持ち手が硬く畳めない場合は、個別にプチプチで梱包する
  • トートバックの発送は、定形外普通郵便が安い
  • 小さいトートバックを送るなら、クリックポストの方がお得
  • メルカリは、ゆうゆうメルカリ便、ヤフオクは、ヤフネコ!宅急便で安全に、安く送れる
  • 雨に濡れないように、トートバック全体をビニールで包む
  • 小さく畳み過ぎて、バックが変形しないように気をつける
 

最近、売れないあなたへ

フリマアプリより、「ゲオスグ」なら高く売れるかも!

買取アプリで商品を売る人

「ゲオスグって何?」

  • 写真を撮るだけで、売れる値段がわかる!
  • 出品する手間がないので、ラク
  • 即、お金が振り込まれる

「捨てようか迷ってる」

ってあなたも、いくらになるか手軽にチェックできます。

不用品を買取してくれるアプリ

アプリのダウンロードは無料です!

↓↓↓

今すぐダウンロードする

 
 
 
 

スポンサーリンク