レターパックの箱型の折り方

レターパックの箱型の折り方は?

工夫して折り曲げると、厚みもグッと増すんだね!具体的に箱型の折り方を見ていこう!

梱包マン
  • レターパックの箱型の折り方
  • 箱型の折り方をするポイント
  • 厚みを持たせる折り方をする注意点
  • 送れるようになる商品例

がわかります。

レターパックの箱型の折り方は?

  • 箱型は、四辺と四隅を折るだけで作れる

レターパックに入れた時、送る物の厚みで、封ができない事はありませんか?

レターパックの箱型の折り方2

入り切らない時は、レターパックを箱型に折ればOK

すんなり梱包できますよ。

【用意する物】
  • 定規
  • 鉛筆
  • 消しゴム
  • レターパックプラス
  • 送る物

 

【箱型の折り方】

1.送る物の高さを測り、2mm足す

レターパックの箱型の折り方3

送る物の高さを定規で測り、その数値に2mm足す。

  • クリアケースの高さ7.6cm
  • 測った数値に2mmを足し、7.8cm

※最後に2mmを足すと、物が入れやすくなる。

 

2.レターパックに折り目のガイド線を引く

レターパックの箱型の折り方2

1で出した数値を2で割る。

  • 7.8cm÷2=3.9cm

表面の上下左右の端から3.9cmの所に、鉛筆で折り目のガイド線を引く。

線の重なりで出来た四角の角と、レターパックの四隅を結ぶ線を引く。

※料額印面は、線を引かないようにする。

 

3. 送る物が入るか確認する

レターパックの箱型の折り方3

線の重なりで出来た四角の中に、送る物を置く。

四角の中から、はみ出さなければOK。

 

4.ガイド線に沿って折る

レターパックの箱型の折り方5

2で引いた、ガイド線8本全てを折る。

※谷折り、山折りの両方を折ると、成形しやすくなる。

 

5.ガイド線を消す

レターパックの箱型の折り方6

2で引いたガイド線を、消しゴムで消す。

 

6.封筒の中を広げて箱にする

レターパックの箱型の折り方

封筒の中を広げ、折り目に沿って、箱型に成形する。

 

7.ルール通りに封ができるか確認する

レターパックの箱型の折り方7

レターパックの裏面に、ガイドライン(点線)がある。
封をする時に、ガイドラインが隠れればOK。

箱型を作るのに失敗したら、レターパックは手数料42円で交換できますよ。

 

レターパックで箱型の折り方をするポイント

送る物の寸法は、緩衝材で包んだ後に測る

レターパックの箱型の折り方9

緩衝材で包む前と後では、寸法が変わります。

上の箱の場合、包む前と包んだ後の違いは、

  • 縦22cm→22.5cm
  • 横16cm→16.5cm
  • 高さ5.7cm→6.5cm

包む前の寸法で箱型を作ると、入らない可能性があるんです。

 

定規を使えば、きれいに折れる

定規を当てながら折る

ってことがポイントですね。

レターパックをきれいに折るには、

折りたい部分に定規当てる

定規に沿って、折っていく

と、変な折れ曲がり跡もできず、失敗を防げます

 

厚みを持たせる折り方をする時の4つの注意点

配達証が剥がれない位置で折る

レターパックの箱型の折り方は追跡シールに注意

配達証が紛失すると、引受にならないんです。

配達証にかかる位置で折ると、シールが浮いて剥がれやすくなるので注意

 

レターパックを切るのはNG

レターパックは、加工したらダメなんですね。

  • 一部を切り取る
  • 切り込みを入れる

と、加工したことになるので、発送できなくなります。

補強の為にテープを貼るのはOK。

破れそうな部分には、テープを貼るといいですよ。

 

料額印面の汚れや破れに注意

料額印面が見えなかったり、破れても、引受にならない事があるんです。

テープで補強する時は、料額印面にかからないようにしよう。

 

ガイドラインが隠れるように封できないと、引受拒否になるかも

レターパックの裏面に、ガイドラインが印刷されています。

ガイドラインが隠れるように、封をするのがルール。

封する時に、隠れているかチェックしたいですね。

 

箱型の折り方で送れるようになる商品例

箱型なら、厚みのある物が送りやすくなる

レターパックの箱型の折り方をすると、厚みが増す

封筒型は、

  • 奥行きがない
  • 厚みのある物が入れづらい

箱型は、

  • 奥行きがある
  • 厚みのある物が入れやすい

ので、封筒型より発送できる商品がグッと広がります

厚みのある物も、箱型ならきれいに梱包できる

きれいに梱包して送りたい

  • 厚みのある資料
  • 数冊の本
  • ハンドメイド作品

などは、箱型がおすすめ。

封筒型で無理やり送ると、いびつな形になるので、印象が悪くなります。

厚みを増して、箱型で送ることで、見た目も良くなりますね。

 


 

まとめ

  • 四辺と四隅を折るだけで、レターパックは箱型になる
  • 送る物の大きさは、緩衝材で包んだ後に測る
  • 配達証の紛失、レターパックの加工、料額印面の破れ、規定外の封は、引受にならない
  • 箱型なら厚みのある物も、難なく送れる

 

写真だけじゃなく、動画でも説明してるよ!

梱包マン


 
 

最近、売れないあなたへ

フリマアプリより、「ゲオスグ」なら高く売れるかも!

買取アプリで商品を売る人

「ゲオスグって何?」

  • 写真を撮るだけで、売れる値段がわかる!
  • 出品する手間がないので、ラク
  • 即、お金が振り込まれる

「捨てようか迷ってる」

ってあなたも、いくらになるか手軽にチェックできます。

不用品を買取してくれるアプリ

アプリのダウンロードは無料です!

↓↓↓

今すぐダウンロードする

 
 
 

     


スポンサーリンク