サンダルの梱包方法

サンダルの送り方は?

薄っぺらいけど、装飾が取れない工夫が大事だよ!具体的な梱包手順を見ていこう!

梱包マン
  • サンダルの送り方と梱包方法
  • サンダルを安く送る方法
  • 梱包する時のコツと注意点
  • サンダルの種類別の送り方【ビーチ、厚底、ヒール】

をまとめました。

 

サンダルの送り方と梱包方法

  • サンダルの飾り、留め具の梱包がポイント

1.飾り・留め具の状態など全体をチェック
サンダルの梱包方法1

ファスナーや留め具が、きちんと使えるかチェックしてみましょう。

中古の場合は、

  • ビースや刺繍など飾り部分
  • ソールの減り
  • 足跡の汚れ

がないか、よく確認しておくのがおすすめ。

 

2. 飾り部分や壊れやすい部分ごとに梱包

サンダルの梱包方法2

リボンや、花など装飾部分は配送中にとれてしまうケースもあります。

破損が気になる時は、全体を包む前に部分的に梱包を行いましょう。

セロテープや、シールの梱包の跡が残らないように

  • プチプチ
  • 新聞紙

を使って軽く留めてから、テープを使うと良いでしょう。

 

3. 形崩れしないように包む
サンダルの梱包方法3

サンダルの素材は柔らかく、靴底自体が曲がりやすいです。形を整えてから、靴底から足の甲・足首まで全体的に包みます。

足の甲を固定する時は、紙を丸く詰めると、型崩れしにくくなります。

サンダル全体を包む時は、プチプチや、厚みのあるビニール袋を使うのがおすすめ。

ヒールが高いものや、大きいメンズ用サンダルは、底同士を合わせると箱に入りやすくなります。

 

4.ビニール袋か、箱に詰める
サンダルの梱包方法4

プチプチやビニールで包んだ後は、サンダル全体が入る紙袋や箱に入れます。

サンダルが動かないようにすみや、隙間に

  • プチプチ
  • 新聞紙

を詰めて固定させるのがおすすめです。

 

サンダルを安く送る方法

  • 薄く軽いサンダルは、定形外普通郵便がお得

サンダルを安く送る

定形外普通郵便は、重さで送料が決まります。

全国一律料金で送れるので、遠方地域へ発送する時も便利です。

ヒールが低く、軽い素材のサンダルは梱包しても1㎏以内で送ることが出来ます。

定形外普通郵便は

  • 500g以内の場合・・・500円
  • 1kg以内の場合・・・700円
  • 2kg以内の場合・・・1,020円

宅急便で送ると、同じサイズのサンダルでも、1,000円以上かかるケースもあります。

送る前に体重計で重さを図っておくと、送料の目安をつけやすくなります。

 

  • ピンヒールサンダルはゆうパックもあり

4~5cm以上のヒールがあるサンダルは、梱包後のサイズが、大きくなりがちです。

特にピンヒールのように、細くて高さがあるサンダルは、折れないようにしっかりと梱包することが大事です。

また配送中に壊れないように、送り方を選ぶのもポイント。

定形外普通郵便は配送状況の確認ができないので、送り先が近距離の場合はゆうパックがおすすめです。

ゆうパックは

  • 玄関先での対面受け取り
  • 配送状況の問い合わせサービスあり
  • 受け取り日時の指定可能

とサービスが充実しています。

ゆうパックの配送料は

  • 60サイズ 800円~ 1,520円
  • 80サイズ 1,010円~1,730円
  • 100サイズ 1,260円~1,970円

近距離で小さいサイズのものは、リーズナブルに送ることが出来ます。

サンダルを安く送りたい時は、梱包を節約するのがポイントです。

しかし、あまりに簡易過ぎると、破損の原因に。サンダルを梱包する時のポイントを見てみましょう。

 

サンダルを梱包する時のコツと注意点

ポイント

隙間をしっかり埋める

サンダルは他の靴と比べて、露出部分が多いです。素材も通常の靴より、柔らかいものが多いので、隙間があるとすぐ型が崩れてしまうことも…。

  • 足の甲
  • ベルト
  • かかと部分

の隙間は、新聞紙・プチプチで埋めてから全体を包みましょう。

箱がない時はビニール袋を使う

サンダルを購入した時の箱がない時もありますよね。箱が見つからない時は、段ボールやビニール袋で代用することが出来ます。

空の段ボールは

  • スーパー
  • ドラックストア
  • 100均

など無料で手に入れることも可能です。サンダルのサイズに合わせて、使い分けてみるのも良いでしょう。

 

注意点

形崩れしないようにつぶさない

サンダルを折り曲げて小さくすれば、送料が安く済ませられると思いがちです。

しかし、柔らかい合皮のサンダルは、形が戻らないこともあり、トラブルを招くことも…。

無理やり形を小さくするのは避けましょう。

 

コサージュなどの装飾は部分的に包む

レディースや子供向けのサンダルは、飾りがついているサンダルもありますよね。

  • コサージュ
  • ビーズ

など取り外せるものは、外してから別々に梱包を行いましょう。

取り外せない場合は、部分的に包んでから、サンダル全体を包むと良いでしょう。

この他にもサンダルはタイプによって、送り方にポイントがあります。

 

サンダルの種類別の送り方【ビーチ、厚底、ヒール】

ビーチサンダルの送り方のコツ

  • ビーチサンダルは「鼻緒」を固定

ビーチサンダルの梱包

ビーチサンダルは、「鼻緒」部分があることで、脱げないようになっています。

足の甲全体を支える鼻緒がとれてしまうと、履けなくなるのでとても大切な部分です。

梱包する時は、

  • 足の甲部分に新聞紙を詰めて、固定

するのがポイントです。鼻緒の形が崩れないように、インソールとの隙間を埋めましょう。

 

厚底サンダルの送り方のコツ

厚底サンダルの梱包

重さを減らしたい時はビニール袋を2重に

厚底のサンダルはヒールの低いものよりも、重さもあり大きくなります。

重さをカバーしたい時は、箱を使わずに送るのもコツです。サンダルの形を新聞紙で整えて、ビニール袋で2重に包むと強度がアップします。

また

  • 靴底のかかと
  • つま先

を合わせてから包むのがおすすめです。袋に入れた時に、左右のバランスがとりやすくなるので、形が安定します。

 

ヒールサンダルの送り方のコツ

ヒールサンダルを送る時は、段ボールがおすすめ

ヒールサンダルの梱包

ヒールの高いサンダルを送る時は、強度の高い段ボールがおすすめです。

ピンヒールのように細いヒールでも、隙間に新聞紙を詰めれば壊れにくくなります。

また、ヒールが細く高さがあるものは、配送中の衝撃で折れてしまう可能性もあります。配送状況がわかる送り方を選ぶのもポイントです。

 

まとめ

  • サンダルを送る時は、留め具・飾りの状態をよく確認する
  • 飾り・留め具は部分的に梱包すると破損しにくい
  • 型崩れしないように新聞紙・プチプチで固定する
  • 低ヒールや軽いサンダルは、定形外普通郵便で安く送れる
  • ヒールが細いサンダルはゆうパックがおすすめ
  • ビーチサンダルは「鼻緒」の状態をチェック
  • 厚底サンダルはビニール袋を2重にすると送料が節約出来る

最近、売れないあなたへ

フリマアプリより、「ゲオスグ」なら高く売れるかも!

買取アプリで商品を売る人

「ゲオスグって何?」

  • 写真を撮るだけで、売れる値段がわかる!
  • 出品する手間がないので、ラク
  • 即、お金が振り込まれる

「捨てようか迷ってる」

ってあなたも、いくらになるか手軽にチェックできます。

不用品を買取してくれるアプリ

アプリのダウンロードは無料です!

↓↓↓

今すぐダウンロードする

 
 
 

     


スポンサーリンク