缶バッジの梱包方法

缶バッジの送り方は?

プチプチやダンボールの梱包を教えるよ!小さいサイズなので、送る枚数によって送り方を変えよう!

梱包マン
  • 缶バッジの梱包方法
  • 缶バッジを安く送る方法
  • 梱包する時のコツと注意点
  • 缶バッジの送り方Q&A

をまとめました。

缶バッジの梱包方法

プチプチで包装する方法

  • ビニール袋に入れて、プチプチで梱包しよう

缶バッジの梱包方法1

水濡れ防止のため、ビニール袋に入れます。

百円ショップなどに売られている、OPP袋やジップロックでも良いです。

 

1.端をテープで止める

 

缶バッジの梱包方法2

袋の余った部分を折りたたんで、テープで止めます。

セロハンテープやマスキングテープを使うと良いですね。

 

2.プチプチで巻く

 

缶バッジの梱包方法3

プチプチで巻きます。凹凸がある方を内側にするのがおすすめです。

さらに2~3重にすると、安全ですね。

 

3.テープで止める

缶バッジの梱包方法4

端をセロハンテープやガムテープで止めます。

 

4.封筒などに入れて完成

缶バッジの梱包方法5

封筒や箱に入れたら完成です。

 

プチプチなしの場合

  • 段ボールで挟んで、ビニール袋へ入れよう

1.段ボールを切る

 

缶バッジの梱包方法6

缶バッジよりも一回りくらい大きいサイズで、段ボールを2枚切ります。

 

2.ピンの場所に穴を開ける

缶バッジの梱包方法7

切った段ボールの1枚の真ん中らへんに、ピンが出るように穴を開けます。

カッターなどで切ると良いです。

 

3.缶バッジを挟んで固定

 

缶バッジの梱包方法8
先ほど切った穴からピンが出ていることを確認して、もう1枚の段ボールと缶バッジを挟み、

端をテープで止めて、固定します。

 

4.ビニール袋に入れます

 

缶バッジの梱包方法9

水濡れ防止にビニール袋に入れましょう。

OPP袋などを使用すると良いです。

 

5.テープで止め、封筒や箱に入れたら完成

 

缶バッジの梱包方法10
袋の余った部分は折りたたんで、端をテープで止めます。

テープはセロハンテープなどはがれにくいものにしましょう。

封筒や箱に入れたら完成です。

 

缶バッジを安く送る方法

缶バッジ1個を送る場合

  • 一番安い方法なら定形外郵便

缶バッジを安く送る方法は普通郵便

定形外郵便が最も安い発送方法です。

上記で扱った缶バッジの場合、

34×25×3㎝以内(規格内)なので、、120円で送れます。

ただし、追跡サービスや補償などは無いので注意が必要です。

 

  • 追跡サービス付きならクリックポストが安い

追跡サービスが付いていて、一番安いのは、クリックポストです。

ネットでの登録やクレジットカードが必須になりますが、

34×25×3㎝以内であれば、全国一律185円で送ることが出来ます。

なお、追跡確認はできますが、補償は無いので注意しましょう。

クリックポストの送り方は?ラベル印刷のやり方も解説

 

  • 補償付きなら宅急便コンパクトが安い

補償も付いていて、安く発送できるのは宅急便コンパクトです。

24.8×34㎝の薄型専用BOXを利用すれば、594円で発送することが出来ます。

  • クロネコメンバーの方
  • 宅配所への持ち込み
  • 送り状情報のデジタル化

などの各種割引をすべて適用すると、最大割引額250円になるそうなので、利用したいですね。

 

次に、複数の缶バッジを送る場合の方法についてみていきましょう。

 

複数の缶バッジを送る場合

  • たくさん発送する場合も、定形外郵便が安い

やはり複数の場合でも、定形外郵便は安いです。

補償がありませんので、1つずつの缶バッジを丁寧に梱包することが大切です。

 

  • 10個程度の缶バッジなら、宅急便コンパクトが安い

20×25×5㎝の専用BOXに収まる個数であれば、594円で発送することが出来ます。

クロネコヤマトの各種割引をすべて適用すると、最大割引額250円になります。

 

  • 20個以上なら、ゆうパックが安い

梱包後の全体のサイズが縦×横×高さ=60㎝(25kg以下)に収まる場合、

東京→東京間、800円で発送できます。

 

メルカリで送る場合

  • 1個の缶バッジを送るなら定形外郵便が安い

メルカリで缶バッジを送る場合も、定形外郵便が一番安いです。

缶バッジ1個であれば、50g以内に収めることで、120円で発送可能です。

ただし、補償が無いので注意が必要です。

 

  • 10個の缶バッジを送るなら、らくらくメルカリ便が安い

10個程度の缶バッジであれば、らくらくメルカリ便の

宅急便コンパクトを利用するのが安いでしょう。

20×25×5㎝の専用BOXに収まれば、380円で発送可能です。

 

  • 20個以上の缶バッジを送るなら、らくらくメルカリ便orゆうゆうメルカリ便

らくらくメルカリ便の宅急便を利用すると、

  • 60サイズ(2㎏まで)600円

ゆうゆうメルカリ便のゆうパックを利用しても、

  • 60サイズ(25kgまで)600円

で、同じ金額ですね。

どちらも全国一律料金となっています。

それではヤフオクの場合はどうでしょうか。

 

ヤフオクで送る場合

  • 1個の缶バッジなら定形外郵便が安い

ヤフオクの場合も、缶バッジ1個であれば定形外郵便が安いです。

50g以内に収めることで、120円で発送できます。

 

  • 10個の缶バッジなら宅急便コンパクトが安い

10個程度であれば、宅急便コンパクトが安いです。

専用BOXを利用して、全国一律380円で発送することが出来ます。

 

  • 20個の缶バッジなら、ゆうパック(おてがる版)orヤフネコ宅急便が安い

ゆうぱっく(おてがる版)を利用すると、

60サイズ(25kg)600円で

ヤフネコ宅急便の利用でも、

60サイズ(2㎏まで)600円で

発送できますので、同じ金額ですね。

では、缶バッジを梱包する時のコツと注意点についてまとめていきます。

 

梱包する時のコツと注意点

ポイント

ビニール袋で必ず包む

缶バッジをビニール袋で包む

缶バッジは傷がつきやすく、塗装もとれやすい物です。

また、水に濡れるとさびてしまうこともあります。

必ずビニール袋に入れて梱包しましょう。

 

プチプチは2~3重にする

段ボールでの梱包よりも

  • プチプチの方が見た目も良い
  • 重くならない

のでオススメです。

さらに、プチプチを2~3重にすることで、確実に破損を防げると良いでしょう。

 

注意点

定形郵便はNG。定形外郵便にする

定形郵便のサイズに収まると、発送料金が安くなります。

しかし、郵便物の仕分けの際に、定形郵便は機械のプレスがかかる場合があり、缶バッジが破損する可能性も。

実際にそれでトラブルとなっている事例もあります。

そのため、郵便で発送する場合は定形郵便ではなく「定形外郵便」になるように、封筒のサイズを確認しましょう。

次に注意点です。

 

プチプチの凹凸部分を内側にする

基本的にプチプチは、裏表どちら向きにしても問題はないと言われています。

ですが、凹凸部分が内側(商品側)の包装を好む人が多いです。

念のため、凹凸部分を内側にして、巻くようにしましょう。

 

心配な時は「加圧厳禁」と記載

他の荷物で押しつぶされることが不安な時は、表に「加圧厳禁」と記載することも1つの方法です。

配送業者が、注意して運んでくれるメリットがありますね。

次に、缶バッジの送り方についてまとめていきます。

 

缶バッジの送り方Q&A

重さ、サイズはどのくらい?

  • 6×6㎝の缶バッジなら、約10g
  • 小さめの缶バッジ(6×6㎝)は、約10g

の重さが目安です。

梱包後には、長形3号(12×23.5㎝)の封筒に梱包できます。

厚さが1㎝以内だと定形郵便になってしまいますが、プチプチで2~3重にすると1㎝を超えます。

厚さを作ることで、定形外郵便になるように梱包しましょう。

 

  • 8×8㎝の缶バッジなら、約20g
  • 8×8㎝の缶バッジの重さは約20g

が目安。

梱包後には、角形3号(21.6×27.7㎝)の封筒がちょうど良いでしょう。

封筒の余った部分は折ってテープで貼りましょう。

 

  • 10×10㎝の缶バッジなら、約35g

大きめの缶バッジ(10×10㎝)は約35g。

梱包をすると50gを超えることがあります。

封筒は角形3号(21.6×27.7㎝)の封筒がちょうど良いです。

 

ヘコミがある時の送り方ポイント

熱して冷やしてもヘコミは直らない

缶バッジのへこみを治す

ドライヤーなどで缶バッジを熱した後に

冷却スプレーなどで冷やす

と、缶バッジのへこみを直すことができるとウワサがあります。

 

でも、

  • 缶バッジを傷つけたり
  • 塗装をはがしたり

する危険があります。

直る可能性も低いので、おすすめしません。

 

分解はしない

缶バッジを一度分解して、裏側からヘコミを押し出し、またくっつけなおす方法もあります。

とはいえ、完全に元の通りに直せるとは限りません。

一度へこんでしまった缶バッジを、分解して直すのはやめましょう。

 

  • ヘコミがあることを発送先に事前に伝えておく

もし、缶バッジを発送する際にヘコミを見つけた場合には、

必ず相手の人に凹みがあると伝えましょう。

後から見つかると、トラブルに発展するかもしれません。

次に、複数の缶バッジを送るときのポイントについてお伝えします。

 

複数の缶バッジを送る時のポイント

1つ1つ梱包する

缶バッジを受け取る側は、1つ1つが大切な商品です。

手間はかかりますが、バラバラに梱包するようにしましょう。

 

重ねないように封筒や箱に入れる

重ねてしまうと、缶バッジ同士が傷つけあったり、

ぶつかりあって梱包がはがれる原因になります。

バラバラに梱包した後も、できるだけ重なり合わないように、横に並べて梱包すると良いでしょう。

 

封筒ではなく箱を使う

数の多い缶バッジのときは、無理に一つの封筒に入れず、箱を使いましょう。

小さめの段ボールをスーパーで貰ったり、購入したりできます。

では、封筒と段ボール、どっちで送るの方が缶バッジには適しているのでしょうか。

 

缶バッジは封筒?ダンボール?どっちで送るべき?

  • 1個など少数なら封筒で送る

1個の缶バッジであれば、封筒の方が良いでしょう。

箱に入れると、無駄な空間を埋めないといけません。缶バッジが動いて、壊れてしまう原因に。

少数なら、無駄な動きがでない封筒がベストです。

 

  • 2~3個なら緩衝材付き封筒を使う

2~3個の缶バッジを送りたいときには、プチプチが中に既に入っているタイプの封筒を使うと便利です。

もちろん普通の封筒でも、1つずつ丁寧に梱包すれば、問題なく送れます。

 

  • 複数個なら箱を利用する

10個を超えるようなときには、箱を使うことをおすすめします。

丁度良いサイズの箱に、隙間が無いように、緩衝材なども使いながら梱包しましょう。

 

まとめ

  • 缶バッジの梱包は、ビニールに入れて封筒or箱へ
  • 発送方法は、定形外郵便が1番安い
  • プチプチで2~3重にしよう
  • 複数缶バッジがあるなら、段ボールを活用

最近、売れないあなたへ

フリマアプリより、「ゲオスグ」なら高く売れるかも!

買取アプリで商品を売る人

「ゲオスグって何?」

  • 写真を撮るだけで、売れる値段がわかる!
  • 出品する手間がないので、ラク
  • 即、お金が振り込まれる

「捨てようか迷ってる」

ってあなたも、いくらになるか手軽にチェックできます。

不用品を買取してくれるアプリ

アプリのダウンロードは無料です!

↓↓↓

今すぐダウンロードする

 
 
 

     


スポンサーリンク