電動自転車バッテリー梱包方法

電動自転車バッテリーの梱包方法は?

精密機器だから、配送中の衝撃に耐えられる梱包をしよう!

  • 電動自転車バッテリーの梱包方法
  • 電動自転車バッテリーを安く送る方法
  • 梱包する時のコツと注意点
  • 電動自転車バッテリーの梱包例

がわかります。

電動自転車バッテリーの梱包方法

  • 配送中の衝撃に耐えられる、梱包をする

電動自転車バッテリー梱包手順

今回は、

  • 重さは、1.6kg
  • サイズは、縦23.5cm、横8.4cm、幅8.6cm

の電動自転車のバッテリー(リチウムイオン電池)を梱包します。

 

1.バッテリーの充電端子部分を保護する

電動自転車バッテリー梱包1

バッテリーの底面にある、充電端子部分を保護します。

 

電動自転車バッテリー梱包2

クッション保護シートを、端子部分の大きさにカットします。

 

電動自転車バッテリー梱包3

クルクルっと丸めて、養生テープで貼ります。

 

2.グリップ部分を保護する

電動自転車バッテリー梱包4

バッテリーのグリップ部分は、壊れやすいです。全体を包む前に、先に保護します。

 

電動自転車バッテリー梱包5

グリップ部分が覆える大きさの緩衝材を、準備します。

 

電動自転車バッテリー梱包6

クルクルっと巻いて、養生テープで貼ります。

 

3.袋に入れる

電動自転車バッテリー梱包7

水濡れ防止のため、袋に入れます。

 

4.全体を緩衝材で包む

電動自転車バッテリー梱包8

破損防止のため、緩衝材で包みます。まず、横方向に、クルクルっと巻きます。

 

電動自転車バッテリー梱包9

縦方向の余白部分を、折り畳みます。

 

電動自転車バッテリー梱包10

まず、左右の余白を、折り畳みます。

 

電動自転車バッテリー梱包11

その後、上下の余白を折り畳んで、養生テープで貼ります。反対側も、同じように包みます。

 

電動自転車バッテリー梱包12

全体が包めました。

 

5.梱包箱に入れる

電動自転車バッテリー梱包13

梱包箱を準備します。

 

電動自転車バッテリー梱包14

梱包箱の大きさは、上下左右の余白が、3cm程度あると良いでしょう。

 

電動自転車バッテリー梱包15

外からの衝撃に耐えられるように、底面に、緩衝材を敷き詰めます。緩衝材の上に、バッテリーを置きます。

 

電動自転車バッテリー梱包16

側面と上部の隙間に、緩衝材を詰めます。バッテリーが箱の中で動かないように、たっぷり詰めましょう。

 

電動自転車バッテリー梱包17

封をしたら、完成です。

 

電動自転車バッテリーを安く送る方法

安い送り方

  • 定形外郵便(規格外)が安い

安い送り方

電動自転車バッテリーの発送方法【目安】
発送方法 定形外郵便(規格外)
送料 1040円(ワンサイズ上は1350円)
重さ、サイズ
  • 2kg以内(ワンサイズ上は4kg以内)
  • 長辺60cm以内、3辺合計90cm以内
配達日数(例:東京~)
  • 同じ東京まで約2日
  • 大阪まで約3日
  • 北海道まで約3日
追跡 なし
補償 なし
支払い方法 切手、現金(一部の郵便局は、キャッシュレス決済可)

一般的な電動自転車バッテリーだと、

  • 重さは、1.3~3.1kg
  • サイズは、縦20~28cm、横8~10.5cm、幅8~14cm

そのため、定形外郵便(規格外)だと、梱包材の大きさを考慮して、1040円か1350円が送料の目安。

電動自転車バッテリーは、サイズは大きくありませんが、重さがあります。

定形外郵便は、重さで送料が決まります。送り先によっては、ゆうパックの方が安い場合もあるので、注意。

 

バッテリー単体は、航空輸送不可

電動自転車のバッテリーは、一般的にリチウムイオン電池です。リチウムイオン電池は、電池単体で送る場合、航空輸送不可なので、注意。

また、定形外郵便には、品名欄がありません。ただし、配達をスムーズに行うためにも、リチウムイオン電池であることを、明記すると良いですね。

 

おすすめの発送方法

  • ゆうパックは、追跡も補償もありおすすめ
電動自転車バッテリーの発送方法【目安】
発送方法 ゆうパック
送料 1030円~(ワンサイズ上は1280円~)
重さ、サイズ
  • 重さ25kg以内
  • 80サイズ(ワンサイズ上は100サイズ)
配達日数(例:東京~)
  • 同じ東京まで約1日
  • 大阪まで約1日
  • 北海道まで約2日
追跡 あり
補償 あり(最高30万円まで)
支払い方法
  • 郵便局窓口の場合:切手、現金(一部の郵便局は、キャッシュレス決済可)
  • コンビニの場合:現金、クレジットカード、電子マネー、クオカード

送り先によっては、定形外郵便より、安く送れることも。また、ゆうパックは、追跡や補償が付いているので、万が一の場合も安心ですね。

品名欄には、電動自転車バッテリー(リチウムイオン電池)と記入します。

ゆうパックも、定形外郵便で送る場合と同様、航空輸送不可です。航空輸送対象地域(例えば、東京→沖縄)でも、陸海上輸送となり、配達が1~4日程度遅れるので、注意。

 

メルカリで安く送る場合

  • らくらくメルカリ便(宅急便)がお得
電動自転車バッテリーの発送方法【目安】
発送方法 らくらくメルカリ便(宅急便)
送料 850円(ワンサイズ上は1050円)
重さ、サイズ
  • 5kgまで(宅急便)
  • 80サイズ(ワンサイズ上は100サイズ)
配達日数(例:東京~)
  • 同じ東京まで約1日
  • 大阪まで約1日
  • 北海道まで約2日
追跡 あり
補償 あり(メルカリが適切にサポート)
支払い方法 取引完了後に、販売利益から自動的に差し引き

電動自転車バッテリーは、サイズと重さの関係から、配送方法が限られます。

匿名配送希望なら、

  • らくらくメルカリ便(宅急便)
  • ゆうゆうメルカリ便(ゆうパック)
  • 梱包・発送たのメル便

の3択です。

また、メルカリでは、

  • 新品
  • 未使用に近い状態

のバッテリーのみ出品可。中古のバッテリーは、出品不可なので注意。

 

ヤフオクで安く送る場合

  • おてがる配送(ゆうパック、宅急便)ともに同料金
電動自転車バッテリーの発送方法【目安】
発送方法 おてがる配送(ゆうパック、宅急便)
送料 800円(ワンサイズ上は1000円)
重さ、サイズ
  • 重さ25kgまで(ゆうパック)、5kgまで(宅急便)
  • 80サイズ(ワンサイズ上は100サイズ)
配達日数(例:東京~)
  • 同じ東京まで約1日
  • 大阪まで約1日
  • 北海道まで約2日
追跡 あり
補償 あり(最高30万円まで)
支払い方法 Yahoo!ウォレットを通じて出品者に請求

電動自転車バッテリーは、サイズと重さの関係から、配送方法が限られます

匿名配送希望なら、

  • おてがる配送(ゆうパック)
  • おてがる配送(宅急便)

の2択です。

 

電動自転車バッテリーを梱包する時のコツと注意点

ポイント

グリップ部分は、先に緩衝材で包む

梱包ポイント

電動自転車バッテリーのグリップ部分は、壊れやすいです。配送中の衝撃で壊れないように、全体を包む前に、先に緩衝材で包みましょう。

 

袋ではなく、箱で送る

緩衝材で包んだバッテリーは、袋に入れて送ることも可能。ただし、袋は、箱よりも外からの衝撃に弱いです。

また、重さがあるため、袋が破れる可能性も。

バッテリーを破損から守るために、必ず、箱に入れて送りましょう。

 

品名欄には、電池の種類を明記

ゆうパックや宅急便で送る場合、送り状の品名欄には、具体的な電池の種類を記入します。電動自転車バッテリー(リチウムイオン電池)と記入すると、分かりやすいですね。

定形外郵便で送る場合は、品名欄がありません。ただし、配達をスムーズに行うためにも、記載しておくと安心ですね。

 

注意点

電動自転車のバッテリーは、航空輸送不可

梱包注意

電動自転車のバッテリーは、一般的にリチウムイオン電池です。リチウムイオン電池は、電池単体で送る場合、航空輸送不可なので、注意。

航空輸送対象地域であっても、陸海上輸送になります。配達が、1~4日程度遅れるので、注意。

 

電動自転車バッテリーの梱包例

グリップ部分は、壊れやすい

バッテリーのグリップ部分は、特に壊れやすいです。また、精密機器のため、外からの衝撃に弱いです。

破損なく相手に届くように、梱包しましょう。

 

リコールの場合は、手順に沿って梱包する

バッテリーがリコールになり、返送することもありますね。リコールの場合は、手順に沿って、梱包しましょう。

交換品が送られてきた梱包箱は、再利用して発送できるので、とても便利ですね。

 

  • 80サイズの強化ダンボールがあると便利

電動自転車のバッテリーは、精密機器です。外からの衝撃に弱いため、配送中の衝撃に耐えられる梱包をしましょう。

厚みが薄いダンボールだと、衝撃に耐えられないことも。強化ダンボールは、厚みがあるので、安心ですね。

 

 

  • 隙間埋めには、エアー緩衝材を使用

エアー緩衝材は、プチプチの緩衝材よりも、クッション性に優れ、隙間を埋めるのに最適です。

バッテリーを、外からの衝撃から守ってくれます。

 

 

まとめ

  • 電動自転車バッテリーの梱包は、配送中の衝撃に耐えられるように、梱包する
  • 安く送れるのは、定形外郵便(規格外)だが、送り先によっては、ゆうパックの方が安い場合も
  • グリップ部分は壊れやすいので、先に緩衝材で包む
  • バッテリーは、単体で送る場合は、航空輸送不可
  • バッテリーは精密機器なので、強化ダンボールで梱包すると安心

 

スポンサーリンク