ドローン梱包方法

ドローンの梱包方法は?

壊れやすい部品があるから、丁寧に梱包しよう!バッテリーにも注意したいね!

  • ドローンの梱包方法
  • ドローンを安く送る方法
  • 梱包する時のコツと注意点
  • ドローンの梱包例

がわかります。

ドローンの梱包方法

  • 壊れやすい部品は、丁寧に梱包

ドローン梱包手順

今回は、

  • 重さは、51g
  • 機体サイズは、縦8.3cm横8.4cm高さ3.3cm

のHubsan X4 HD H107Cの小型ドローンを梱包します。

 

1.機体から、付属品を取り外す

ドローン梱包1

機体から、付属品を取り外します。

 

ドローン梱包2

まず、プロペラを取り外します。付属の工具を使って、てこの原理で、プロペラを持ち上げます。

 

ドローン梱包3

力任せにすると、プロペラが破損するので、やさしい力加減で行います。

4つのプロペラを取り外したら、ローターガードを取り外します。ローターガードも、やわらかい素材で破損しやすいので、丁寧に作業します。

 

ドローン梱包4

プロペラとローターガードが、取り外せました。

 

ドローン梱包5

プロペラとローターガードを、袋に入れ、その後、緩衝材で包みます。

 

ドローン梱包6

機体から、バッテリーを外します。

 

ドローン梱包7

バッテリーの充電ケーブルを、束ねます。

 

ドローン梱包8

本体をひっくり返し、microSDカードを取り出します。

 

ドローン梱包9

付属のSDアダプターに、microSDカードを差し込みます。

 

ドローン梱包10

  • バッテリーの充電ケーブル
  • バッテリー
  • SDアダプター

をそれぞれ袋に入れ、緩衝材で包みます。

 

2.機体を梱包する

ドローン梱包11

付属品を取り外した、機体を梱包します。

 

ドローン梱包12

袋に入れ、その後、緩衝材で包みます。

 

3.送信機を梱包する

ドローン梱包13

  • 液漏れ防止
  • 配送中に誤作動を起こさない

ため、送信機の乾電池を取り外します。

 

ドローン梱包14

袋に入れ、その後、緩衝材で包みます。

 

ドローン梱包15

すべての部品が、梱包できました。

 

4.梱包箱に入れる

ドローン梱包16

梱包箱を準備し、底面に緩衝材を敷きます。

 

ドローン梱包17

すべての部品を梱包箱に入れ、側面の隙間や、上部に緩衝材を詰めます。

 

ドローン梱包18

封をしたら、完成です。

 

ドローンを安く送る方法

安い送り方

  • 定形外郵便(規格外)が安い

安い送り方

ドローンの発送方法【目安】
発送方法 定形外郵便(規格外)
送料 510円(ワンサイズ上は710円)
重さ、サイズ 重さ500g以内(ワンサイズ上は1kg以内)、長辺60cm以内、3辺合計90cm以内
配達日数(例:東京~)
  • 同じ東京まで約1日
  • 大阪まで約1~2日
  • 北海道まで約2日
追跡 なし
補償 なし
支払い方法 切手、現金(一部の郵便局は、キャッシュレス決済可)

一般的なドローンだと、

  • 重さは、30~1000g
  • サイズは、縦6.5~35cm、横7.5~35cm、高さ3~12cm(展開時)

そのため、定形外郵便(規格外)だと、梱包材の重さを考慮して、510円か710円が送料の目安。

ドローンは、軽く、サイズも小さいため、定形外郵便(規格外)が一番安く送れます。

ただし、ドローンには、バッテリーが付属されています。バッテリーを含む郵便物(ゆうパック以外)は、航空輸送不可なので注意。

航空輸送対象地域(例えば、東京→沖縄)であっても、陸海上輸送となります。そのため、1~4日程度配達が遅れる可能性も。

また、定形外郵便には、品名を書く欄がありません。ただし、配達をスムーズに行うためにも、バッテリーが含まれることを、明記すると良いですね。

 

おすすめの発送方法

  • ゆうパックは、追跡も補償もありおすすめ
ドローンの発送方法【目安】
発送方法 ゆうパック
送料 810円~(ワンサイズ上は1030円~)
重さ、サイズ 重さ25kg以内、60サイズ(ワンサイズ上は80サイズ)
配達日数(例:東京~)
  • 同じ東京まで約1日
  • 大阪まで約1日
  • 北海道まで約2日
追跡 あり
補償 あり(最高30万円まで)
支払い方法
  • 郵便局窓口の場合:切手、現金(一部の郵便局は、キャッシュレス決済可)
  • コンビニの場合:現金、クレジットカード、電子マネー、クオカード

日本郵便で、リチウム電池を含む荷物を輸送する場合、航空輸送できるのは、ゆうパックのみ。

品名欄には、ドローン(リポバッテリー同梱)と、分かりやすく記入しましょう。

また、ゆうパックは、追跡や補償もあります。壊れやすいドローンも、安心して送れますね。

 

メルカリで送る時のおすすめ発送方法

  • ゆうゆうメルカリ便(ゆうパック)、らくらくメルカリ便(宅急便)ともに同料金でおすすめ
ドローンの発送方法【目安】
発送方法 ゆうゆうメルカリ便(ゆうパック)、らくらくメルカリ便(宅急便)
送料 700円(ワンサイズ上は800円)
重さ、サイズ 重さ25kgまで(ゆうパック)、2kgまで(宅急便)、 60サイズ(ワンサイズ上は80サイズ)
配達日数(例:東京~)
  • 同じ東京まで約1日
  • 大阪まで約1日
  • 北海道まで約2~3日
追跡 あり
補償 あり(メルカリが適切にサポート)
支払い方法 取引完了後に、販売利益から自動的に差し引き

メルカリの配送でも、定形外郵便(規格外)が一番安く送れます。ただし、追跡や補償がないため、トラブルになることも。

ゆうゆうメルカリ便、らくらくメルカリ便は、追跡や補償があるので、安心ですね。

 

ヤフオクで送る時のおすすめ発送方法

  • ゆうパック(おてがる版)、ヤフネコ!パック(宅急便)ともに同料金でおすすめ
ドローンの発送方法【目安】
発送方法 ゆうパック(おてがる版)、ヤフネコ!パック(宅急便)
送料 700円(ワンサイズ上は800円)
重さ、サイズ 重さ25kgまで(ゆうパック)、2kgまで(ヤフネコ!パック)、60サイズ(ワンサイズ上は80サイズ)
配達日数(例:東京~)
  • 同じ東京まで約1日
  • 大阪まで約1日
  • 北海道まで約2~3日
追跡 あり
補償 あり(最高30万円まで)
支払い方法 Yahoo!ウォレットを通じて出品者に請求

ゆうパック(おてがる版)、ヤフネコ!パック(宅急便)ともに同料金。ただし、配送日を指定できるのは、ヤフネコ!パック(宅急便) のみ

ヤフオク!でも、定形外郵便(規格外)が一番安く送れます。ただし、トラブル防止のため、追跡や補償がある発送方法を使うと、安心ですね。

 

ドローンを梱包する時のコツと注意点

ポイント

壊れやすい部品は、取り外して梱包

梱包ポイント

プロペラやローターガードを付けたままだと、かさ高くなる原因に。また、壊れやすい部品のため、取り外して梱包します。

機体と付属品は、それぞれ個別に緩衝材で包みます。お互いが擦れて、傷が付いたり、破損するのを防ぎます

 

電池やバッテリーは、外して梱包

送信機に電池を入れたままだと、配達中に誤作動を起こす可能性が。また、液漏れの心配もあります。

電池は、外して梱包しましょう。

また、バッテリーも、コネクターを抜き、機体から外して梱包します。

 

注意点

バッテリーは、航空搭載に制限がある

梱包注意

ドローン用のバッテリーの多くは、リポバッテリー(リチウムポリマーバッテリー)です。リポバッテリーは、危険物に該当するため、取り扱いには注意が必要です。

バッテリーは、陸送の場合は問題ありません。ただし、航空輸送の対象地域の場合は、航空搭載に制限があるので、注意。

>>>ゆうパックの航空搭載地域

ヤマト運輸の航空搭載地域は、

  • 沖縄 ⇔ 他の都道府県
  • 北海道 ⇔ 九州・中国・四国

陸海上輸送になって、配達が遅れることも

航空搭載の基準は、

  • 荷物当たり5kg以内
  • 組電池(バッテリー)は、1個あたりワット時定格値が100Wh以下のもの(1梱包につき2個まで)

ワット時定格値(Wh)=電圧(V)×定格容量(Ah)= 電圧(V)×定格容量(mAh)÷1000

例えば、今回梱包したドローンのバッテリーは、

3.7V×380mAh÷1000=1.406Whなので、問題なく航空搭載できます。

ドローンのバッテリーは、条件に当てはまる場合が多いです。ただし、必ず計算をして、条件に当てはまるか確認しましょう。

条件に当てはまらない場合は、陸海上輸送となり、1~4日程度配達が遅れることも。

  • 送り状の品名欄には、ドローン(リポバッテリー同梱)と記入
  • リチウムイオン電池搭載許可専用ラベル(リチウム電池マーク)を貼付

するのも忘れずに。

 

購入時の箱のみで送らない

購入時の箱がある場合、ドローンを元の通りに収めます。さらに、購入時の箱を、梱包箱に入れます。

購入時の箱も、商品の一部と考える人もいます。購入時の箱に、直接送り状を貼り付けての発送は、避けましょう。

 

ドローンの梱包例

スポンジをうまく使って、ドローンを固定

100均のタッパーを、ドローンのケースに。また、隙間テープやウレタンマットをうまく使って、ドローンを固定しています。

持ち運び用に作成したようですが、このまま発送ができるくらいの完成度です。

梱包の参考にしたいですね。

 

  • 小さいサイズの梱包箱があると便利

ドローンは、サイズが小さいです。小型のドローンだと、60サイズの箱に、十分収まります。

サイズに合っているので、無駄な余白も少なく、加工も不要ですね。

また、深さを調節できるので、80サイズにも対応可。

 

 

  • リポバッテリー用の袋があると安心

バッテリーの輸送で、一番怖いのは火災です。

リポバッテリー用の袋があると便利。難燃性の素材なので、輸送中のバッテリー火災の可能性を、減らすことができます。

万が一の場合に備えておくと、安心ですね。

 

 

まとめ

  • ドローンの梱包は、壊れやすい部品は、取り外して梱包する
  • 安く送れるのは、定形外郵便(規格外)
  • 誤作動防止のため、電池やバッテリーは、外して梱包する
  • リポバッテリーは、航空搭載に制限がある
  • 小さいサイズの梱包箱があると、サイズに合っているので、便利
 

スポンサーリンク