ジップロック

ジップロックの圧縮方法は?

圧縮する時のコツや、掃除機、ストロー、手を使って圧縮する注意点を教えるよ!

梱包マン
  • ジップロックの圧縮方法
  • ジップロックで圧縮する時のコツ
  • 圧縮方法で掃除機、ストロー、手を使う時の注意点
  • ジップロックで圧縮しやすい商品の例

をまとめました。

 

ジップロックの圧縮方法は?

掃除機で圧縮する場合

  • 空気の抜き過ぎに気をつける

ジップロックを掃除機で圧縮する方法

ジップロックの中の空気を抜く時は、掃除機を使うと、短時間で済みます。時間をかけずに、手早く済ませたい時は、とても便利な方法。

しかし掃除機は吸引力が優れているので、空気が必要以上に抜けてしまうことも。

空気を抜き過ぎてしまうと、中の物がシワになったり、傷んでしまう可能性があります。

ジップロックの空気抜きを、掃除機で行う時は

  • 掃除機の吸引モードは、「弱」からスタートする
  • 1分以上吸引しない
  • 袋の中の物の厚みが、1/3以下になったら、吸引ストップ

ジップロックの中の空気の抜き過ぎに、注意しましょう。

 

1.ジップロックのチャック部分の汚れをとる

ジップロックを掃除機で圧縮する方法

空気を抜く前に、チェック部分の汚れをふき取ります。

まずウェットティッシュや、濡れたタオルで、チャック部分を拭きましょう。

次に乾いたタオルや、ティッシュで、残った水分をふき取ります。
水分が残ったままだと、雑菌が繁殖しやすいので、二度拭きするのがポイント。

 

2.ジップロックの中に、圧縮したい物を入れる

ジップロックを掃除機で圧縮する方法

圧縮したい物を、ジップロックの中に入れます。

あまり小さく畳むと、シワになりやすいので、注意しましょう。

 

3.ジップロックのチェックを閉める

ジップロックを掃除機で圧縮する方法

圧縮する前に、ジップロックのチャックを閉めます。

きちんとチャックが閉まるかどうか、確認するのがポイントです。

 

4.掃除機の吸い込み口が入るように、チャックを少し開ける

ジップロックを掃除機で圧縮する方法

3で閉じたチャックを、掃除機の吸い込み口が入る部分だけ、少し開けます。

大量に開けてしまうと、空気が袋の中に入るので要注意。

掃除機の口の大きさに合わせて、少し開けましょう。

 

5.掃除機で中の空気を吸う

ジップロックを掃除機で圧縮する方法

掃除機で、ジップロックの中の空気を吸います。吸引モードは、「弱」からスタートしましょう。

一番強いモードで圧縮してしまうと、物や、ジップロックがシワになる可能性があります。

一気に空気を抜き過ぎると、物が傷む可能性もあるので、気をつけましょう。

 

6.ジップロックから、掃除機の吸い込み口を抜く

ジップロックを掃除機で圧縮する方法

圧縮が終わったら、掃除機の吸い込み口を抜きます。袋を押さえながら抜くと、袋の中に空気が入りにくくなります。

7.チャックを閉めたら、完成

ジップロックを掃除機で圧縮する方法

掃除機の吸い込み口を抜いたら、チャックを閉めましょう。

ジップロックを掃除機で圧縮する方法

きちんと端まで密封した状態になれば、圧縮の完了です。

 

ストローで圧縮する場合

  • ストローを吸う時は、空気を入れないようにする

ジップロックをストローで圧縮する方法

小さいジップロックを使う場合は、ストローを使うと便利です。
ストローを使い、自分で空気を吸い出します。

空気を吸う時は、ジップロックの中に、空気を入れないように注意しましょう。
一呼吸ずつ、落ち着いて行うのがポイントです。

 

1.ジップロックのチャック部分を拭く

ジップロックをストローで圧縮する方法

先ほどの掃除機の場合と同じように、ジップロックのチャック部分を拭きます。
汚れをとると、しっかりと密封されやすくなります。

 

2.ジップロックの中に、圧縮したい物を入れる

ジップロックをストローで圧縮する方法

ジップロックのチャックを掃除したら、圧縮したい物を入れます。
袋を無理やり引っ張ると、圧縮されにくくなるので、要注意。

圧縮したい物は、袋の大きさに合わせて畳んでおくのがおすすめです。

 

3.ジップロックのチャックを閉じる

ジップロックをストローで圧縮する方法

圧縮したい物を入れたら、チャックをすべて閉めます。

チャックの口がしっかりと閉まるか、確認しておくと良いでしょう。

 

4.ストローの幅に合わせて、ジップロックのチャックを開ける

ジップロックをストローで圧縮する方法

閉じたチャック部分を、少し開けて、ストローが入るようにします。
ストローの幅に合わせて、チャックを開けるのがポイント。

必要以上に、チャック部分を開け過ぎないようにしましょう。

 

5.ストローを差し込む

ジップロックをストローで圧縮する方法

開けた部分にストローを差し込みます。
あまり長くストローをいれると、物と接触してしまうので要注意。

物に近づけてしまうと、空気を吸い込みにくくなります。

ストローは全体の、1/3程度まで入れるようにすると、空気を抜きやすくなります。

 

6.ストローから空気を吸い出す

ジップロックをストローで圧縮する方法

ストローから、ジップロックの空気を吸い出します。

一気に抜こうとせず、ゆっくりと中の空気を吸い出しましょう。物の厚みが1/3ぐらいまで減ったら、空気の吸い出しはストップ。

 

7.ストローを抜く

ジップロックをストローで圧縮する方法

ストローをジップロックから取り出します。

チャック口を開けて、中に空気が入らないように、袋を抑えながら抜きましょう。

 

8.チャックをしっかりと閉める

ジップロックをストローで圧縮する方法

ストローを抜いた後は、中に空気が入らないように、手早くチャックを閉めます。

 

ジップロックをストローで圧縮する方法

きちんと端まで閉まったかよく確認しましょう。

 

手で圧縮する場合

  • 端からしっかりと空気を抜く

ジップロックを手で圧縮する方法

柔らかいものや、つぶしても問題ないものは、手で圧縮することが出来ます。
掃除機や、ストローを用意するのが面倒な時におすすめの方法です。

手で空気を抜くので、端から順に丸めて、しっかりと空気を抜くことが大切。

シワになりやすい方法なので

  • 洋服(ダウンや、ニットなど)
  • つぶしても問題ない小物(マフラーや、ハンカチなど)

など、ジップロックに入れるものを選んだ方が良いでしょう。

 

1.ジップロックのチャック部分を拭く

ジップロックで手で圧縮する方法

物をジップロックに入れる前に、チャック部分を拭きます。

やり方は、掃除機・ストローの場合と同じ方法でOK。

 

2.ジップロックの中に、圧縮したい物を入れる

ジップロックを手で圧縮する方法

圧縮したい物をジップロックに入れます。

端から空気を抜いていくので、チャック部分の下は、隙間3cm程度空けるのがポイント。

ギリギリまで詰めてしまうと、圧縮した時に、うまく空気が抜けない可能性があるので要注意。

 

3.チャック部分を押さえて、中の空気を抜く

ジップロックを手で圧縮する方法

ここではチャックは閉めずに、中の空気を抜きます。

写真のようにチャック部分を折り返して、手で押さえると、空気が抜きやすくなります。

 

4.チャックを全部閉じる

ジップロックを手で圧縮する方法

3の方法で、中の空気がある程度抜けたら、チャックを全部閉めます。

端に空気が残っていても、OK。この後、残った空気をしっかりと抜いていきます。

 

5.チャックの両端を、3cmずつ開ける

ジップロックを手で圧縮する方法

閉じたチャックの口の両端を、3cmずつ程度開けます。

空気を抜くための口になるので、あまり大きく開けないのがポイント。

 

6.チャックのある方から、ゆっくりと空気を抜く

ジップロックを手で圧縮する方法

ジップロックの端に溜まった空気を抜きます。

チャックのある方から、袋の下側へ、ゆっくりと丸めるのがポイント。反対方向に丸めると、空気が押し出された圧で、チャックが開く可能性があります。

また一気に行おうとすると、袋が破けてしまうことも。ゆっくりと少しずつ、端に溜まっている空気を抜いていきましょう。

 

7.チャックの口を閉める

ジップロックを手で圧縮する方法

全体の空気が抜けたら、開けていたチャックの口を閉じます。

写真のようにジップロックを丸めたまま、チャック部分を閉じると、空気が入りにくくなります。

 

ジップロックを手で圧縮する方法

丸めた状態を戻して、空気が入らなければ、圧縮完了です。

 

ジップロックで圧縮する時のコツ

ジップロックのチャックは、拭いてから閉める

ジップロックを圧縮するコツ

チャック部分の密着力が弱いと、せっかく圧縮しても、空気が入りやすくなります。

チャックを閉める前に

  • 何かが挟まっていないか
  • 汚れで密着しにくくないか

を確認しておくことが大切。

ジップロックは、チャック部分が二重になっているタイプも多いので、上下ともしっかり拭いておきましょう。

また水拭きをした後は、水分を拭き取るのもポイント。

水分が残っていると、雑菌が繁殖してしまうケースもあります。

  • 時間をおいて、よくチャック部分を乾かす
  • 乾いたタオルや、ティッシュで水分を拭き取る

など、チャック部分に水分が残らないようにしましょう。

ジップロックが破けないように、ゆっくりと圧縮する

一気に圧縮をすると、ジップロックが破けてしまう可能性があります。

  • 掃除機の場合は、「弱」モードで
  • ストローの場合は、数回に分けて
  • 手を使った場合は、少しずつゆっくりと

圧縮するのが、ポイントです。

ゆっくりと時間をかけると、空気を抜き過ぎることもありません。

中の物をシワシワにしてしまったり、傷つけることも避けられます。

 

掃除機で圧縮する時の注意点

最初から強い吸引モードで、圧縮しない

ジップロックを圧縮する時の注意事項

掃除機で圧縮する時は、吸引力の弱いモードで、圧縮を始めましょう。

最初から強い吸引モードにしてしまうと、中の空気が一気に抜けます。

圧縮が早く出来る一方で、

  • 物がシワになりやすい
  • 強い吸引力で物が傷みやすい
  • ジップロックが破けやすい

という、様々なデメリットも。

掃除機を使う場合は、

  • 最初は一番弱いモードで始める
  • 様子を見ながら、吸引力を強くする

ときれいに仕上がります。

 

掃除機を抜くときは、袋を押さえる

掃除機をチャックから抜くときは、空気が入りやすくなります。

片手でチャックに近い部分を押さえて、もう片方の手で、素早く掃除機の口を抜きましょう。
掃除機を抜いた後は、空気が入らないように、チャックを手早く閉めることも忘れずに。
 

ストローで圧縮する時の注意点

ストローは、ジップロックの奥まで入れすぎない。

ジップロックを圧縮する時の注意事項

ストローをジップロックの奥まで入れると、チャック側の上の空気が、うまく吸い出せない場合も。

またストローが物に引っかかり、シワや、物が傷む原因になることもあります。

ストローを入れる場合は、ジップロックの1/3程度に留めておくのがポイント。

 

ストローで空気を抜く時は、空気を入れないようにする

ストローで圧縮するには、自分で空気を吸い出す必要があります。間違って袋の中に、空気を入れないように気をつけましょう。

深く息を吐いてから、ゆっくりストローで空気を吸い出すのがおすすめ。一気に圧縮しようとはせず、何回かに分けて、空気を吸い出しましょう。

 

手で圧縮する時の注意点

チャック部分ギリギリまで、物を詰め込まない

ジップロックを圧縮する時の注意事項

手で空気を抜くときは、チャック部分の下は、3cmぐらい隙間を作ります。

ギリギリまで物を詰めてしまうと、空気がうまく抜けないので、注意しましょう。

ふくらみやすい衣類は、なるべく隙間を開けられるように、

  • 畳み方を調節する
  • 下側へ衣類を押し込む

ようにして、隙間を作りましょう。

 

チャック部分の方から、下へ向かって空気を抜く

手で圧縮する時は、チャック部分から、下へ向かってジップロックを巻いていきます。

チャックがない反対側から圧縮すると、空気の圧で、チャックが開いてしまうので要注意。

ゆっくりとチャック部分から順に、下へ向かって、空気を抜きましょう。

 

ジップロックで圧縮しやすい商品の例

  • かさばりやすい子供服

ジップロックを圧縮する品例

かさばりやすい上着や、洋服は、圧縮すると、かさを減らすことが出来ます。

特に

  • 子供用のダウン
  • 子供用の冬服

は、衣類用の圧縮袋に入れなくても、ジップロックに入る大きさです。

衣類用の圧縮袋よりも、コストを抑えられるジップロックを使えば、梱包の節約が出来ます。

 

  • マフラーや、手袋などのファッション小物

ジップロックで圧縮する品例

マフラーや、厚みのある手袋は、圧縮すると、かさを減らせます。

しかし衣類用の圧縮袋使うと、袋の中の隙間が多くなり、空気を抜くのに時間がかかることも。
ジップロックは、衣類用の圧縮袋よりも小さいので、圧縮にかかる時間も短く済みます。

1枚当たりの価格も、衣類用圧縮袋より安いので、小物を1つずつ圧縮したい時にも便利です。

 

まとめ

  • ジップロックで圧縮する時は、チャックをよく拭いてから、物を入れる
  • 掃除機で空気を抜くときは、「弱」モードで吸引
  • ストローで空気を抜くときは、息で空気を入れないようにする
  • 手で圧縮する時は、チャック部分から、下側へ巻くように空気を抜く
  • ジップロックが破けないように、ゆっくり空気を抜く
  • 掃除機をジップロックから抜く時は、袋を片手で押さえながら抜く
  • ジップロックにストローを入れる時は、奥まで入れないように
  • 手で圧縮する時は、下側からチャックに向かって、空気を抜かないように

最近、売れないあなたへ

フリマアプリより、「ゲオスグ」なら高く売れるかも!

買取アプリで商品を売る人

「ゲオスグって何?」

  • 写真を撮るだけで、売れる値段がわかる!
  • 出品する手間がないので、ラク
  • 即、お金が振り込まれる

「捨てようか迷ってる」

ってあなたも、いくらになるか手軽にチェックできます。

不用品を買取してくれるアプリ

アプリのダウンロードは無料です!

↓↓↓

今すぐダウンロードする

 
 
 

     


スポンサーリンク