ゆうパケットポストで複数まとめて発送する

ゆうパケットポストで複数まとめて発送する時のコツは?

梱包した後でも、見分けられるようにする!

  • ゆうパケットポストで複数まとめて発送する時のコツ
  • 複数まとめて発送した時の失敗談
  • 複数のQRコードを読み取る時の注意点
  • ゆうパケットポストで複数まとめて発送する時の注意点

をまとめました。

ゆうパケットポストで複数まとめて発送する時のコツは?

  • 異なる梱包資材を利用する

ゆうパケットポストで複数まとめて発送するときのコツ1

フリマサイトで、たくさん出品していると、複数の商品を梱包して、別々な送り先へ発送するのは、よくある事です。もちろん発送するタイミングが、被るのも珍しくはありません。

梱包した商品の形・サイズが似ていると、配送用シールの貼り間違いなどで、商品の配送ミスが起こる可能性も!?

梱包してからでも、どの商品を包んだか分かるように、色や柄が違う梱包材を使うのがオススメです

 

  • 梱包材に目印を付ける

ゆうパケットポスト専用箱や、同じ袋で包んだときは、目印を付けるのがオススメ。

  • 梱包材に文字などを直接書く
  • ふせん・メモ・マスキングテープを貼る

自分が分かればいいので、目印はなんでも大丈夫

見た目がキレイな梱包は、受け取る人に喜ばれます。

  • 文字はあとで消せるように、えんぴつで書く
  • 配送用シールで隠せるくらいの大きさの目印にする
  • 粘着面が残らないように、剥がしやすいふせんを使う

送るときに、目印が目立たないようにすると、更に良いかも!

 

  • 1つずつ包む

梱包した後に、商品を区別できるようにするのも大切ですが、QRコードを読み間違わないのも重要。

複数の商品を、同時に梱包するのではなく、商品1つごとに包み始めたら、QRコードを読み終わるまで、一気に進めれば、読み間違える心配もグッと減ります

QRコードを読み取ってしまえば、フリマアプリの取引と紐付けができるので、一度アプリを閉じても、大丈夫なのもポイントです。

 

  • メモに書く

QRコードを読み込んだ後に、商品を確認したいときは、控えが便利!

配送用シール・専用箱には、控えとして保管できるシール部分があり、郵便局の窓口でもらえる、受領証の代わりです

シール部分は「配送番号」「QRコード」が書いてあり、アプリ画面と照らし合わせれば、どの取引と紐づけられているか、確認できます。

ゆうパケットポストで複数まとめて発送するときのコツ2

書き込み自由な「メモ欄」もあるので、商品の特徴や、取引相手のユーザー名など、区別できる情報を、書くのもオススメ!

 

ゆうパケットポストで複数まとめて発送した時の失敗談

  • 商品を確認する前に梱包する

ゆうパケットポストで複数まとめて発送したときの失敗談

実際にサイズや形が似ているもの(本や洋服など)を、同じタイミングで梱包すると、どれがどれなのか分からなくるのは、よくあります。

梱包材を色違いにしたり、前もって目印を付けるなどしておかないと、なおさらです。

 

宛先のような、見分けやすい違いが書いてあっても、同じサイズの荷物を発送するのは心配になります。

ゆうパケットポストの場合は、自分で目印を付けないと、配送番号でしか判別できないから、更に不安!

 

  • 複数のQRコードを読み取ったら、紐付けされてなかった。

まとめてQRコードを読み込むと、紐付けされてない取引が出ることも。

フリマアプリで確認できますが、ポストへ投函した後だと、二度手間になります

操作ミスなのか、フリマアプリの仕様なのかはわかりませんが、取引と紐付けできなかった、経験をした人はいるようです。

 

ゆうパケットポストで複数のQRコードを読み取る時の注意点

QRコード同士は離して読み込む

ゆうパケットポストで複数のQRコードを読み取るときの注意点1

QRコードを読み込むとき、近くに別なQRコードがあると、カメラが誤認識して、読み取れないことがあります。
配送用シールなどは、まとめて置かずに、1つずつ離して読み込むのがおすすめ!

 

QRコードは上書きできる

ゆうパケットポストは、最後に読み取ったQRコードが、取引先と紐付られる仕組みです。その前に読み取ったQRコードは無いことに!

各フリマアプリの注意書きにも書いています。

 

メルカリガイド

ゆうパケットポストで複数のQRコードを読み取るときの注意点2

ゆうパケットポスト・ゆうパケットポストminiの2次元コードを読み込まず投函してしまった(ゆうゆうメルカリ便) – メルカリ スマホでかんたん フリマアプリ (mercari.com)

 

ヤフオク

ゆうパケットポストで複数のQRコードを読み取るときの注意点3

ゆうパケットポスト/ゆうパケットポストminiに関するよくある質問 (yahoo-net.jp)

 

商品を梱包中に、間違ったQRコードを読み込んでしまった場合は、正しいQRコードで上書きできます。

逆に正しいQRコードに、間違ったQRコードで上書きしてしまう可能性もあるので、注意が必要。

 

読み込みについてのトラブルは色々あります。

  • 4つのQRコードを読み込んだら、最後にスキャンした相手に、まとめて送られた。
  • 複数読み込んだら、最後のQRコードのみ使われて、他の取引は住所不定になっていた。

状況はさまざまですが、トラブルも多いので、読み込みには注意が必要です。

読み込みは、1つずつの読み込みを強く勧めます。

 

ポストへ投函した後でも、QRコードは読み込める

配送用シール・専用箱には、同じQRコードが2つプリントされています。

片方は送る荷物に、もう片方は控えで保管できます。

ゆうパケットポストで複数のQRコードを読み取るときの注意点4

 

QRコードを読み込まずに、ポストへ投函してしまっても、控えに書いてあるQRコードを使えば、取引と荷物を紐付けられます

ただし、どの取引と、どの控えが繋がっているか、分からないときは、荷物を回収して、中身をちゃんと確かめて、再び発送し直すのをおすすめします。

当てずっぽうで、QRコードを読み込むのは危険です。

 

ゆうパケットポストで複数まとめて発送する時の注意点

  • 区別できるようにする

ゆうパケットポストで複数まとめて発送するときの注意点

梱包した後でも、どの商品なのか区別できるようにするのがポイント。

  • 色違いの梱包材を使う
  • ふせんなどで目印を付ける
  • 控えのメモ欄を活用する

梱包した商品に、1つずつ特徴を付けて、取引画面だけで見分けられるようにします

  • 1つずつ梱包する

区別できるように工夫しても、うっかりでミスすることは、ゼロではありません。

商品1つずつ梱包して、ポストに投函するまで、一気に終わらせたほうが、一番安全!

たくさん発送する状況では、難しいかもしれませんが、できるだけ近づけて、ミスをなくします。

 

まとめ

  • ゆうパケットポストを複数まとめて発送する時のコツは、梱包の上からでも、区別できるように工夫
  • 複数まとめて梱包すると、ちゃんと紐付けできない失敗もある
  • QRコードは、一番最後に読み込んだものが、登録される
  • 一つずつ包んで発送するのが、一番安全。

今なら500円分のポイントがもらえる[PR]

梱包してメルカリで売れた

今なら、
メルカリの登録だけで500円分のポイントがもらえる期間中

どうせ始めるなら、お得なキャンペーン中に利用したいですね。

メルカリアプリダウンロード

\招待コード「BHSSAB」の入力だけ/

↓↓↓
今すぐダウンロードする

 
 

スポンサーリンク