ゆうパックとゆうパケットの違い

ゆうパックとゆうパケットの違いは?

同じ日本郵便のサービスだね!具体的な違いを見ていこう!

梱包マン
  • ゆうパックとゆうパケットはどっちがいいか
  • ゆうパックとゆうパケットを使い分けるコツ
  • ゆうパケットとゆうパックの変更方法

がわかります。

 

ゆうパックとゆうパケットの違いは?

料金の比較

ゆうパックは割高

  • ゆうパックの料金は810円から

ゆうパックの料金

  • 最安値は、縦・横・高さの合計60cmの810円

ゆうパックは、25kg以下であれば料金が変わらないのが特徴。

 

  • ゆうパケットは200円〜300円

ゆうパケットの料金は厚みにより料金が変わります。

厚さが、

  • 1cm以内 200円
  • 2cm以内 250円
  • 3cm以内 300円

送れるサイズにはいくつか決まりがあります。

  • 一番長い辺が34cm以内
  • 幅・奥行き・高さの合計が90cm以内
  • 厚さ3cm以内
  • 重さ1kg以下

A4サイズの大きさに収まり、厚み3cm以内、と覚えておけば大丈夫。

 

配達日数の比較

ゆうパックの方が早い

  • ゆうパックは翌日配達がほとんど

ゆうパックだと日時指定をしていない場合、翌日に配達されることが多いです。

  • 土日
  • 祝日

でも配達します。

  • 配達先が離島
  • お正月など祝日を挟む

場合は2日以上かかることがあります。

 

  • ゆうパケットは普通郵便並み

ゆうパケットは陸送と船便のみなので、ゆうパックに比べると遅いことがあります。

急いでいるなら、ちょっと料金が高くても、ゆうパックを選択したいですね。

 

便利さを比較

ゆうパックは日時と時間指定が

「この時間までに受け取りたい」

って時に便利です。

仕事の関係で夜しか在宅してない人には、時間指定は助かりますよね。

ゆうパケットはポスト投函で発送

ポスト投函対応のため、24時間いつでも送れます。

日中忙しくて郵便局に行かれない人にオススメ。

送料が全国一律なので、発送先がどんなに遠くても送料が変わらないのも魅力。

 

ゆうパックとゆうパケットはどっちがいい?

ゆうパックをおすすめする人

補償を付けたいなら、ゆうパック

ゆうパックの補償

ゆうパケットには、補償がありません。

大事な荷物を送りたい人には、ゆうパックが安心

 

ゆうパケットをおすすめする人

とにかく送料を安くしたいなら、ゆうパケット

とにかく送料を節約したい人が利用する、ゆうパケット。

たくさん発送する機会があるなら、値段が割安なのは助かりますよね。

 

ゆうパケットはポスト投函がありがたい

ポスト投函されるので、不在がちな人にも喜ばれています。

ゆうパケットは、発送時も受取時も好きな時間帯を選べるので、

  • 送る側
  • 受け取る側

どちらにもメリットがありますよね。

 

ゆうパックとゆうパケットを使い分けるコツ

  • 荷物の大きさで使い分ける

ダンボールの大きさ

  • ゆうパケット

ほぼA4サイズで厚みが3cmまでの荷物しか送れません。

厚み3cmというと、硬貨だと50円玉1枚半程度です。

重さも1kgまでの制限があるので、サイズが小さくても1kg以上の荷物は送れません。

  • ゆうパック

最大縦+横+高さが170cmまで送れて
25kgまでなら送料が変わることない

ってメリットが。

ゆうパケットの規定サイズを超えるなら、ゆうパックで送るのがいいでしょう。

 

  • 手渡しがいいか?ポスト投函がいいか?

ゆうパケットはポスト投函なので、長く家を空ける人には不安です。

ゆうパックなら配達員から手渡ししてもらえるので、盗難や誤配達の心配がありません。時間指定も可能なので、自分の都合のいいときに受け取ることができます。

 

  • 高価な商品なら迷わず、補償付きのゆうパックを

ゆうパックなら30万円までの補償がついてきます。

高額な荷物を送りたい時にも安心。

ゆうパケットの場合、配送時に

  • 壊れたり
  • 紛失したり

しても、補償ができないので、注意しましょう。

途中で発送方法を変更したい場合の対応を、

  • メルカリ
  • ヤフオク

別にまとめてみました。

 

ゆうパケットとゆうパックの変更方法は?

ゆうパケットからゆうパック、ゆうパックからゆうパケットへ変更する方法

  • メルカリでは、サイズ選択で変更できる

発送前であれば、サイズ選択で小型・大型で変更することができます。

でも、一度発行し伝票を使用してしまうと変更ができず、伝票の再発行もできません。

伝票発行後に変更したい場合、は購入者へ住所を聞き、郵便局にある送り状を使って発送します。

伝票発行すると送料が発生し、メルカリ側からも送料を引かれることがあるので、発送方法を変えたことを事務局へ連絡しましょう。

 

  • ヤフオクでは、ゆうパケットからゆうパックなら変更可能

発送前であれば変更できます。

ただし、「ゆうパケット」→「ゆうパック」のみです。

伝票発行後、サイズオーバーなどで変更になる場合も特に伝票の書き直しはありません。

入金時に負担する金額が変わってくるので、差額をどうするか出品者と落札者で相談しましょう。

普通郵便からゆうパック・ゆうパケットへ変更する方法

  • メルカリならOK(ゆうゆうメルカリ便への変更)

メルカリで普通郵便からゆうパック・ゆうパケットへ変更する方法
取引画面から「発送方法を変更する」をタップします。

メルカリで普通郵便からゆうパック・ゆうパケットへ変更する方法2

ゆうパケット、ゆうパックどちらを利用するときでも「ゆうゆうメルカリ便」を選択します。

メルカリで普通郵便からゆうパック・ゆうパケットへ変更する方法3

サイズや発送先を選び、郵便局やコンビニに行って宛名票を印字します。

後から発送方法を変えると匿名配送になりません。

購入者と発送先、それぞれの住所が印字された状態で配達されますので、双方納得してから発送方法を変更しましょう。

送料は郵便局で受付後に計算され、売上金が入金されるタイミングで引かれます。
ゆうパックかゆうパケットかは郵便局で判断します。

ヤフオクは、普通郵便からゆうパック・ゆうパケットへの変更はできない

システム上、後から普通郵便からゆうパック・ゆうパケットへの変更はできません。

どうしても変更する場合は、

1.支払い前に送料が変更になることを落札者へ連絡
2.かんたん決済で支払う場合は、送料を落札者に変更してもらってから支払うようお願い

を必ずしましょう。

後でトラブルになる可能性があります。

あとは、梱包→郵便局でゆうパックまたはゆうパケットの送り状を記入→発送、で問題ありません。

おてがる版のゆうパック、ゆうパケットは、落札後選べないので、郵便局でのゆうパック・ゆうパケットを利用します。

  • 匿名配送できないこと
  • 送料が高くなること

に注意しましょう。

 

まとめ

  • ゆうパックは手渡し配達や時間指定したい時、ゆうパケットはポスト配達してもらいたいときに便利
  • 使い分けのコツはサービス内容と料金が決め手
  • ゆうパックからゆうパケット、ゆうパケットからゆうパックへの変更は可能。
  • 変更後は、メルカリやヤフオク独自のシステムを使う場合はできないことも

梱包材を安く手に入れる方法

梱包材が、5,000円も安く買える

安く梱包できた人

楽天カードを作って、1回利用するだけでも、大量のポイントが付くんですね。

5,800円の梱包材だったら、

5,800円 -5,000円分のポイント値引き
=実質800円

で買えちゃうんです。

  • 発行する手数料はゼロ

なので、利用者が増えているんですね。

まとめ買いに利用すると、お得です。

梱包材を楽天カードで買う

作った後も、ずっとお金はかかりません!

↓↓↓

楽天カードって何?デメリットも

 
 
 
 

     


スポンサーリンク