ゆうパックとゆうメールの違い

ゆうパックとゆうメールの違いは?

同じ日本郵政が取り扱う発送方法だね!でも、中身は全然違うよ!

梱包マン
  • ゆうパックとゆうメールの違い
  • ゆうパックをおすすめする人
  • ゆうメールをおすすめする人
  • ゆうパックとゆうメールを使い分けるポイント

がわかります。

 

ゆうパックとゆうメールの違いは?

どっちが安い?送料の違い

  • ゆうメールのほうが安い

ゆうメールは安い

例えば、

60サイズの書籍950gを、東京から東京へ送る場合、

  • ゆうパック→810円
  • ゆうメール→360円

となり、ゆうメールのほうが安く送れることが分かります。

ざっくり比べてみても、料金の差がありますね。

  • ゆうパック:東京→東京の場合
ゆうパックのサイズ 料金
60サイズ 810円
80サイズ 1030円
100サイズ 1280円
120サイズ 1530円
140サイズ 1780円
160サイズ 2010円
170サイズ 2340円
ゆうメールの重さ 料金
150gまで 180円
250gまで 215円
500gまで 310円
1kgまで 360円

同じ品物を送る場合、ゆうパックで送るより、ゆうメールで送ったほうが安くなります。

でも、ゆうメールは、送れるものが限られてる

  • 冊子とした印刷物(書籍、雑誌、商品カタログ、会報、各種マニュアル類)
  • CDやDVD等の電磁的記録媒体
  • コイル状の金具でとじたカレンダー

などですね。

 

  • ゆうメールは重さで、ゆうパックはサイズと距離で料金が変わる

ゆうパックは、荷物のサイズと送る場所によって、送料が変わります。

サイズが大きくなればなるほど、距離が遠くなればなるほど、送料が高くなります。

一方、ゆうメールは、重さによって送料が変わります。

全国どこに送っても、一律の料金なので、距離を気にせず送れるのは、便利ですね。

 

配達日数の違い

  • ゆうパックのほうが早い
ゆうパック ゆうメール
差し出し日の翌日か翌々日の配達 差し出し日から3日以内

ゆうパックもゆうメールも、基本的には翌日か翌々日の配達になります。

ただし、一つ注意点が。

ゆうメールは、日曜日や休日の配達を行っていません

そのため、

日曜日に配達を受け持つ郵便局に荷物が届いた場合、

・ゆうパック→日曜日の配達
・ゆうメール→月曜日の配達

になります。

日曜日や休日を挟む場合は、ゆうメールは、1日遅い配達になるのですね。

 

  • 速達であれば、ゆうメールも早い

ゆうメールは、オプションを付加することが可能です。

早く届けたい場合は、速達を付加すると良いでしょう。

速達であれば、日曜日や休日の配達も行われ、通常より半日~1日程度早く着くことが可能に。

そのため、ゆうパックと同じくらいの早さで配達されます。

 

使いやすさの違い

  • 気軽に利用できるのは、ゆうメール

ゆうメールは、全国一律料金なので、距離を気にすることなく送れます。

また、

  • 発送の時に、ポスト投函が可能
  • 受け取りは、郵便受けへの配達

って手軽さも。

忙しい人など、時間を気にせず発送や受け取りができるのは、嬉しいですね。

 

  • 安心なのは、ゆうパック

ゆうパックは、

  • 発送のときに、対人での手続きが必要(ポスト投函不可)
  • 受け取りは、手渡しでの配達

になっています。

必ず、対面での手続きになるので、確実に発送や受け取りをしたい場合は、安心ですね。

 

追跡のしやすさは?

ゆうメールは追跡できない

ゆうパック ゆうメール
追跡あり 追跡なし

ゆうメールは、追跡機能が付いていません。

ただし、オプションで付加することが可能です。

追跡をしたい場合は、

  • 特定記録(引き受けを記録。補償はなし)
  • 一般書留(引き受けから配達までを記録。補償もあり)
  • 簡易書留(引き受けと配達のみ記録。補償あり)

を付加しましょう。

 

  • ゆうパックの追跡結果は細かい

ゆうパックの追跡は、輸送の途中記録も行われます。

今現在、荷物がどこにあるのか細かく表示されるので、安心ですね。

一方、ゆうメールは先程述べたように、追跡は付加しないとできません。

また、

  • 特定記録と簡易書留→輸送の途中記録はされない
  • 一般書留→輸送の途中記録はされる

どこまで求めるのか、よく考えてからオプションを選ぶようにしましょう。

 

ゆうパックをおすすめする人

大きな荷物を送りたい人

ゆうパックとゆうメールの違い3
ゆうパックの利用可能なサイズと重さは、

  • 縦横高さの合計が170cm以下
  • 重さが25kg以下

になります。

大きな荷物を送りたい場合は、ゆうパックを利用しましょう。

また、ゆうパックには、無料の集荷サービスもあります。

  • 荷物が大きくて、郵便局まで運ぶのが大変
  • 近くに郵便局がない
  • 事情があり、外出できない

などの場合、自宅まで荷物を取りに来てくれます。

無料で利用できるのは、とても助かるサービスですね。

 

日にちや時間を指定して送りたい人

ゆうパックは、配達日や配達時間を指定して送れます。

配達は、対面での手渡しになるため、受取人は在宅の必要があります。

  • プレゼントなど、日にちを指定して送りたい
  • 受取人が忙しく、夜しかいない

などの場合、日時を指定して送れるのは、便利ですね。

 

高価なものを送りたい人

ゆうパックは、損害賠償制度があります。

万が一、荷物が壊れたり、紛失した場合に、原則30万円までの補償があります。

高価なものを送る場合には、補償があるのは安心ですね。

 

ゆうメールをおすすめする人

小さな荷物を送りたい人

ゆうパックとゆうメールの違い4

ゆうメールは、小物を送るのに適しています。

利用可能なサイズと重さは、

  • 長辺34cm以内、短辺25cm以内、高さ3cm以内
  • 重さが1kgまで

になります。

範囲内に収まるものであれば、ゆうメールを利用しましょう。

 

とにかく安く送りたい人

ゆうメールは、送れるものが限られています。

送れるものに当てはまる場合は、安く送ることができますね。

ただし、安く送れる分、追跡サービスや補償はありません。

オプションで付加することが出来るので、必要な場合は利用すると良いですね。

 

好きな時間に送りたい人

ゆうメールは、ポスト投函での発送が可能です。

忙しい人など、時間を気にせず発送できるのは、便利ですね。

ただし、ポストには集荷の時間か決められています。

集荷の時間以降に差し出したゆうメールは、翌日の回収になるので、注意しましょう。

 

ゆうパックとゆうメールを使い分けるポイント

  • 送料に重点を置くなら、ゆうメール

ゆうメールは送料が安い

 

  • とにかく安く送りたい
  • ゆうメールで送れる商品である

って時は、ゆうメールを利用しましょう。

ただし、追跡サービスや補償などは付いていません。

必要であれば、オプションで付加しましょう。

 

  • 配達日数に重点を置くなら、ゆうパック
  • とにかく早く届けたい
  • 荷物は小さいが、料金は高くても良い

って時は、ゆうパックを利用しましょう。

ゆうパックは、日曜日や休日も配達されるので、荷物を早く届けられます。

 

  • オプションを選択したいなら、ゆうパック

ゆうパックは、はじめからいろいろなオプションが付加されています。

  • 追跡サービス
  • 補償
  • 日時指定

などですね。

そのため、料金もはじめから高い設定になっています。

一方、ゆうメールは、オプションは後付になりますが、はじめの料金設定は低くなっています。

自分で必要なオプションだけを付加したい場合は、ゆうメールを利用すると良いですね。

 

まとめ

  • ゆうメールは、送れるものが限られている
  • ゆうメールは、追跡や補償がついていないため、料金が安い
  • ゆうパックは、サービスが充実しているため、料金が高い
  • 何に重点を置いて送りたいかで、使い分けると良い

最近、売れないあなたへ

フリマアプリより、「ゲオスグ」なら高く売れるかも!

買取アプリで商品を売る人

「ゲオスグって何?」

  • 写真を撮るだけで、売れる値段がわかる!
  • 出品する手間がないので、ラク
  • 即、お金が振り込まれる

「捨てようか迷ってる」

ってあなたも、いくらになるか手軽にチェックできます。

不用品を買取してくれるアプリ

アプリのダウンロードは無料です!

↓↓↓

今すぐダウンロードする

 
 
 

     


スポンサーリンク