テニスラケット

テニスラケットの送り方は?

テニスラケットは細長いから、梱包にはコツがいるよ!写真付きで包装ポイントを詳しく教えるね!

  • テニスラケットの梱包方法
  • テニスラケットを安く送る方法
  • 梱包する時のコツと注意点
  • テニスラケットの梱包例

がわかります。

テニスラケットの梱包方法

  • 傷がつかないように梱包する

テニスラケット梱包1

これから梱包するテニスラケットのサイズは、幅(フレーム部分の最大)が27.5cm、長さが68cm、厚さが3.5cmです。

今回は、このテニスラケットの梱包を例に梱包方法をご紹介します。

 

1.テニスラケット全体を緩衝材で覆う

テニスラケット梱包2

 

テニスラケット梱包3

 

テニスラケット梱包4

 

テニスラケット梱包5

 

テニスラケット梱包6

 

テニスラケット梱包7

 

テニスラケット梱包8

 

テニスラケット梱包9

 

テニスラケット梱包10

 

テニスラケット梱包11

テニスラケットは小さな傷がつきやすいです。

配送中の衝撃で傷がつかないように、緩衝材で覆う必要があります。

 

2.テニスラケットの大きさに合わせてダンボールを用意

テニスラケット梱包12

 

テニスラケット梱包13

緩衝材で覆った後のテニスラケットのサイズを確認しましょう。

このサイズに合うダンボールを用意します。

テニスラケットは細長く、幅が広く長さがあるものなので、サイズがぴったりのダンボール箱はなかなか見つかりません。

そのため、送るテニスラケットのサイズに合わせてダンボールを加工して箱をつくりましょう。

緩衝材で覆った後のテニスラケットのサイズは、幅(フレーム部分の最大)が29cm、長さが71cm、厚さが4.5cmです。

サイズが幅35cm、長さ75cm、厚さ6cmの箱を作っていきます。

 

3.ダンボールの不要部分を切り取る

テニスラケット梱包14

 

テニスラケット梱包15

 

テニスラケット梱包16

 

テニスラケット梱包17

ダンボールの幅、長さ、厚さをテニスラケットの大きさに合わせてカット!

今回は、幅が35cm、マチが6cmなので、ダンボールの幅を41cmにします。

長さは75cm、マチが6cmなので、ダンボールの長さを81cmでカットします。

 

4.同じ大きさのダンボールをもう1枚用意

テニスラケット梱包18

先ほど作ったダンボールの大きさと同じものを、もう1枚用意しましょう。

 

5.折り目をつける

テニスラケット梱包19

次の工程では、2枚のダンボールを重ねて箱を作ります。

その前に、写真のようにダンボールに折り目をつけておきましょう。

2枚とも同じように折り目をつけます。

 

6.ダンボール箱を切り取る

テニスラケット梱包20

2枚のダンボールを重ねて箱を作る場合、ダンボールの2箇所を切り取ります。

写真のように切り取りましょう。

 

7.さらに折り目をつける

テニスラケット梱包21

箱のフタ部分に折り目をつけておきます。

2枚目も同じように折り目をつけましょう。

 

8.箱を組み立てる

テニスラケット梱包22

 

テニスラケット梱包23

 

テニスラケット梱包24

 

テニスラケット梱包25

 

テニスラケット梱包26

 

テニスラケット梱包27

出来上がった2枚のダンボールを合わせて箱を組み立てます。

折り重ねる部分が切れているところは、テープで繋げましょう。

 

9.箱にテニスラケットを入れて封をする

テニスラケット梱包28

 

テニスラケット梱包29

 

テニスラケット梱包30

 

テニスラケット梱包31

 

テニスラケット梱包32

 

テニスラケット梱包33

箱の中にテニスラケットを入れたら、隙間ができないように封をします。

切り取った部分や折り曲げた部分は隙間ができやすいです。

配送中に箱が開いてしまわないようにガムテープで封をしましょう。

自作の箱なので、普段よりも頑丈にテープで固定した方が安心ですね。

テニスラケット専用のダンボールがあると手間が省けるね!

 


 

テニスラケットを安く送る方法

安い送り方

  • 日本郵便の『ゆうパック』が安い!

テニスラケットの発送方法

テニスラケットの発送方法【目安】
発送方法 ゆうパック(120サイズ)
送料(例:東京~)
  • 同じ東京まで1530円
  • 大阪まで1690円
  • 北海道まで2020円
重さ、サイズ
  • 重さ:25kg以内
  • サイズ:120サイズ(縦、横、高さの合計が120cm以内)
配達日数(例:東京~)
  • 同じ東京まで1日
  • 大阪まで1日
  • 北海道まで2日
追跡 あり
補償 あり(30万円まで)
支払い方法 現金払い、切手ちょう付(郵便局窓口のみ)、料金後納、料金計器別納

テニスラケットを安く送るなら、日本郵便の『ゆうパック』が一番!

今回の梱包でご紹介したテニスラケットの場合、ダンボール箱は120サイズ以上になりました。

安く送る方法ですが、追跡も保証も充実していますね。

郵便局窓口に持ち込むと、持込割引として120円安くなります。

これはコンビニでも適用になるので、もっと安く送るなら荷物を郵便局窓口やコンビニまで持ち込みましょう。

 

おすすめの発送方法

  • ヤマト運輸の『宅急便』もおすすめ!
テニスラケットの発送方法【目安】
発送方法 宅急便(120サイズ)
送料(例:東京~)
  • 同じ東京まで1610円
  • 大阪まで1720円
  • 北海道まで2050円
重さ、サイズ
  • 重さ:25kg以内
  • サイズ:120サイズ(縦、横、高さの合計が120cm以内)
配達日数(例:東京~)
  • 同じ東京まで1日
  • 大阪まで1日
  • 北海道まで2日
追跡 あり
補償 あり(30万円まで)
支払い方法 現金、電子マネー、クレジットカード

テニスラケットを送るなら、ヤマト運輸の『宅急便』もおすすめです!

ゆうパックと同じように、
追跡・補償が充実しています。

ゆうパックに比べて送料は高くなってしまいますが、クロネコメンバーなら安く送れることも。

クロネコメンバー割で10%割引、クロネコメンバー割BIGで15%割引になりますよ。

 

メルカリで送る時のおすすめの発送方法

  • メルカリなら、らくらくメルカリ便の『宅急便』がおすすめ!
テニスラケットの発送方法【目安】
発送方法 らくらくメルカリ便の『宅急便』
送料 1100円(全国一律) ※120サイズの場合
重さ、サイズ
  • 重さ:15kg以内
  • サイズ:120サイズ(縦、横、高さの合計が120cm以内)
配達日数(例:東京~)
  • 同じ東京まで1日
  • 大阪まで1日
  • 北海道まで2日
追跡 あり
補償 あり(メルカリのあんしん配送サポート)
支払い方法 商品の売上から差し引かれる

メルカリでテニスラケットを送るなら、らくらくメルカリ便の『宅急便』がおすすめです。

メルカリで宅急便を利用すると、全国一律料金で配送ができます。

配送先によって送料が変わることがないので利用しやすいです。

サイズは、通常の宅急便よりも10kg少ない15kg以内となっていますが、テニスラケットを送る場合は問題ないですね。

補償サービスもついています。

 

ヤフオクで送る時のおすすめの発送方法

  • ヤフオクなら、ヤフネコ!パックの『宅急便』がおすすめ!
テニスラケットの発送方法【目安】
発送方法 ヤフネコ!パックの『宅急便』
送料 1100円(全国一律) ※120サイズの場合
重さ、サイズ
  • 重さ:15kg以内
  • サイズ:120サイズ(縦、横、高さの合計が120cm以内)
配達日数(例:東京~)
  • 同じ東京まで1日
  • 大阪まで1日
  • 北海道まで2日
追跡 あり
補償 あり(30万円まで)
支払い方法 商品の売上から差し引かれる

ヤフオクでテニスラケットを送るなら、ヤフネコ!パックの『宅急便』がおすすめです。

ヤフオクで宅急便を利用すると、全国一律料金で配送ができます。

配送先によって送料が変わることがないので利用しやすいです。

サイズは、通常の宅急便よりも10kg少ない15kg以内となっていますが、テニスラケットを送る場合は問題ないですね。

もしも配送トラブルが発生した場合は、補償サービスを利用することができます。

 

テニスラケットを梱包する時のコツと注意点

ポイント

大きめの緩衝材で包む

テニスラケットの梱包に使う緩衝材は大きめのものを選びましょう!

小さい緩衝材だと何度も包む作業をしなくてはいけません。

そうすると、継ぎ目部分に隙間ができてしまい、配送中にずれてしまう可能性があります。

せっかく衝撃防止用や傷防止用の緩衝材がめくれてしまうのは避けたいですよね。

テニスラケット全体がすっぽりと収まるような大きめの緩衝材を使いましょう。

 

注意点

箱の大きさは大きすぎないように

テニスラケット梱包ポイント

テニスラケットを入れる箱は、大きすぎず、ラケット本体にフィットするようにしましょう。

大きすぎると、箱に余分な部分ができてしまい、安定しないまま配送されていまいます。

傷がついてしまうこともあるので、できるだけテニスラケットの大きさに合う箱を作りましょう。

他にも、箱が大きくなると、送料が変わってきてしまうので注意です。

 

テニスラケットの梱包例

  • 専用の箱なら、自作の箱より早く簡単に梱包できる

テニスラケットは傷がつかないように、緩衝材で覆ってから箱に入れますが、送るテニスラケットのサイズに合うダンボールを見つけるのがなかなか難しいです。

ですが、テニスラケット専用の箱があれば、自作の箱をつくる手間が省けますね。

自作だと加工が難しいと感じるなら、専用の箱に入れると早く簡単に梱包ができます。

 

  • テニスラケット専用の箱なら梱包がスムーズに!

テニスラケットのサイズに近いダンボールを探して、開いて、カットして、折り曲げて・・・

ダンボールから箱をつくる作業は時間がかかってしまいます。

自分で箱を作るのは、正直とても大変です。さらに、自作の箱だと隙間ができやすいです。

大切なテニスラケットを送るなら、専用の箱に入れて発送するのがオススメです。

 

  • プチプチ包装は必須

テニスラケットを傷つけないように、まずはじめに緩衝材で覆うことが大事です。

大きめのプチプチ緩衝材を用意しておくと、色々な梱包に使えますね。

 

 

まとめ

  • テニスラケットの梱包方法は、全体を緩衝材で覆って傷がつかないように梱包する
  • ダンボールをテニスラケットのサイズに合わせて加工して箱をつくる
  • テニスラケットを安く送るなら、日本郵便の『ゆうパック』
  • おすすめの発送方法は、ヤマト運輸の『宅急便』
  • メルカリは、らくらくメルカリ便の『宅急便』。ヤフオクは、ヤフネコ!パックの『宅急便』
 

スポンサーリンク