スマートウォッチ梱包方法

スマートウォッチの梱包方法は?

精密機器だから、丁寧に梱包しよう!ディスプレイ部分の保護も、重要だよ!

  • スマートウォッチの梱包方法
  • スマートウォッチを安く送る方法
  • 梱包する時のコツと注意点
  • スマートウォッチの梱包例

がわかります。

スマートウォッチの梱包方法

購入箱がない場合

  • ディスプレイを丁寧に保護する

スマートウォッチ梱包手順

今回は、

  • 重さは、16.4g
  • サイズは、15×10.5×197mm

のGarminのvívosmart4を梱包します。

 

1.ディスプレイ部分を保護する

スマートウォッチ梱包1

スマートウォッチにとって、ディスプレイ部分は、とても重要です。

  • 傷が付かない
  • 衝撃で壊れない

ように、丁寧に梱包します。

緩衝材のプチプチで包むと、ディスプレイに跡が付く可能性が。やわらかい素材で、優しく包みます。

 

スマートウォッチ梱包2

今回は、クッション保護シートで包みました。

 

スマートウォッチ梱包3

保護シートは、ディスプレイの大きさに合わせて、カットします。ディスプレイに、クルクルっと巻きます。

 

スマートウォッチ梱包4

ディスプレイが保護出来たら、バンドをとめます。

 

2.バンドがつぶれないように、隙間を埋める

スマートウォッチ梱包5

バンドをとめただけだと、バンドがつぶれて、型崩れを起こす原因に。隙間を、保護シートで埋めます。

 

スマートウォッチ梱包6

保護シートを丸めて、バンドの隙間にはめ込みます。

 

3.OPP袋に入れる

スマートウォッチ梱包7

スマートウォッチは、精密機器です。水濡れ防止のため、OPP袋に入れます。

 

4.緩衝材で包む

スマートウォッチ梱包8

ディスプレイ部分が、分厚く包まれるように、横幅の長さが、3倍程度の緩衝材を準備します。

 

スマートウォッチ梱包9

ディスプレイ部分が上になるように、緩衝材の上に置き、サイドを折りたたみます。

 

スマートウォッチ梱包10

サイドの緩衝材を折ったら、手前から、クルクルっと巻きます。

 

5.付属品を包む

スマートウォッチ梱包11

充電ケーブルなど、付属品がある場合は、スマートウォッチとは別に、包みます。

コードは、束ねます。

 

スマートウォッチ梱包12

水濡れ防止のため、OPP袋に入れた後、緩衝材で包みます。

 

6.梱包箱に入れる

スマートウォッチ梱包13

梱包箱を準備し、底面に緩衝材を詰めます。

 

スマートウォッチ梱包14

個別に包んだ、スマートウォッチ本体と付属品を、梱包箱に入れます。

 

スマートウォッチ梱包15

側面と上面の隙間に、緩衝材を詰めます。梱包箱の封をしたら、完成です。

 

購入箱がある場合

  • 購入箱も丁寧に梱包する

スマートウォッチ梱包16

購入箱がある場合の手順を紹介します。

 

1.スマートウォッチと付属品を、中箱に収める

スマートウォッチ梱包17

中箱を取り出します。ディスプレイ部分は、保護シートで保護します。

 

スマートウォッチ梱包18

中箱の穴にバンドを通し、裏側でバンドをとめます。バンドがつぶれないように、隙間に、付属の型をはめ込みます。

 

スマートウォッチ梱包19

付属の型がない場合は、保護シートを丸めて詰めます。

 

スマートウォッチ梱包20

付属品を束ねて、中箱に入れます。

 

スマートウォッチ梱包21

中箱を、購入箱に収めます。

 

2.購入箱を包む

スマートウォッチ梱包22

購入箱を、緩衝材で包みます。

 

スマートウォッチ梱包23

水濡れ防止のため、OPP袋に入れます。

 

3.梱包箱に入れる

スマートウォッチ梱包24

梱包箱を準備し、底面に緩衝材を詰めます。スマートウォッチを、梱包箱に入れます。

 

スマートウォッチ梱包25

側面と上面の隙間に、緩衝材を詰めます。梱包箱の封をしたら、完成です。

わかりやすく動画でも説明してるよ!



 

スマートウォッチを安く送る方法

安い送り方

  • 定形外郵便(規格外)が安い

安い送り方

スマートウォッチの発送方法【目安】
発送方法 定形外郵便(規格外)
送料 350円(ワンサイズ上は510円)
重さ、サイズ
  • 重さ250g以内(ワンサイズ上は500g以内)
  • 長辺60cm以内、3辺合計90cm以内
配達日数(例:東京~)
  • 同じ東京まで約2日
  • 大阪まで約3日
  • 北海道まで約3日
追跡 なし
補償 なし
支払い方法 切手、現金(一部の郵便局は、キャッシュレス決済可)

一般的なスマートウォッチだと、購入箱の大きさで、

  • 重さは、50~350g
  • サイズは、縦100~300、横40~135、高さ15~100mm

そのため、定形外郵便(規格外)だと、梱包材の重さを考慮して、350円か510円が送料の目安。

スマートウォッチは、軽く、サイズも小さいため、定形外郵便(規格外)が一番安く送れます。ただし、定形外郵便は、追跡や補償がありません

スマートウォッチは、ものによっては、高価なものも。オプションで書留をつけるか、次に掲げるおすすめの発送方法を利用しましょう。

 

定形外郵便は、陸海上輸送になる

スマートウォッチには、リチウム電池が内蔵されています。リチウム電池を含む郵便物(ゆうパック以外)は、航空輸送不可なので注意。

航空輸送対象地域(例えば、東京→沖縄)であっても、陸海上輸送となります。そのため、1~4日程度配達が遅れる可能性も。

また、定形外郵便には、品名を書く欄がありません。ただし、配達をスムーズに行うためにも、リチウム電池が含まれることを、明記すると良いですね。

 

おすすめの発送方法

  • ゆうパックは、追跡も補償もありおすすめ
スマートウォッチの発送方法【目安】
発送方法 ゆうパック
送料 810円~(ワンサイズ上は1030円~)
重さ、サイズ
  • 重さ25kg以内
  • 60サイズ(ワンサイズ上は80サイズ)
配達日数(例:東京~)
  • 同じ東京まで約1日
  • 大阪まで約1日
  • 北海道まで約2日
追跡 あり
補償 あり(最高30万円まで)
支払い方法
  • 郵便局窓口の場合:切手、現金(一部の郵便局は、キャッシュレス決済可)
  • コンビニの場合:現金、クレジットカード、電子マネー、クオカード

日本郵便で、リチウム電池を含む荷物を輸送する場合、航空輸送できるのは、ゆうパックのみ。

品名欄には、スマートウォッチ(リチウム電池あり)と、分かりやすく記入しましょう。

また、ゆうパックは、追跡や補償もあります。高価なスマートウォッチも、安心して送れますね。

 

メルカリで送る時のおすすめ発送方法

  • ゆうゆうメルカリ便(ゆうパック)、らくらくメルカリ便(宅急便)ともに同料金でおすすめ
スマートウォッチの発送方法【目安】
発送方法 ゆうゆうメルカリ便(ゆうパック)、らくらくメルカリ便(宅急便)
送料 700円(ワンサイズ上は800円)
重さ、サイズ
  • 重さ25kgまで(ゆうパック)、2kgまで(宅急便)
  • 60サイズ(ワンサイズ上は80サイズ)
配達日数(例:東京~)
  • 同じ東京まで約1日
  • 大阪まで約1日
  • 北海道まで約2~3日
追跡 あり
補償 あり(メルカリが適切にサポート)
支払い方法 取引完了後に、販売利益から自動的に差し引き

メルカリの配送でも、定形外郵便(規格外)が一番安く送れます。ただし、追跡や補償がないため、トラブルになることも。

ゆうゆうメルカリ便、らくらくメルカリ便は、追跡や補償があるので、安心ですね。

購入箱なしで送る場合は、サイズが小さくなるので、

  • らくらくメルカリ便の宅急便コンパクト(450円)
  • ゆうゆうメルカリ便のゆうパケットプラス(440円)

でも、発送可。

 

ヤフオクで送る時のおすすめ発送方法

  • おてがる配送(ゆうパック、宅急便)ともに同料金でおすすめ
スマートウォッチの発送方法【目安】
発送方法 おてがる配送(ゆうパック、宅急便)
送料 700円(ワンサイズ上は800円)
重さ、サイズ
  • 重さ25kgまで(ゆうパック)、2kgまで(宅急便)
  • 60サイズ(ワンサイズ上は80サイズ)
配達日数(例:東京~)
  • 同じ東京まで約1日
  • 大阪まで約1日
  • 北海道まで約2~3日
追跡 あり
補償 あり(最高30万円まで)
支払い方法 Yahoo!ウォレットを通じて出品者に請求

おてがる配送(ゆうパック、宅急便)ともに同料金。

ヤフオク!でも、定形外郵便(規格外)が一番安く送れます。ただし、トラブル防止のため、追跡や補償がある発送方法を使うと、安心ですね。

購入箱なしで送る場合は、おてがる配送(宅急便コンパクト、450円)でも、発送可。

 

スマートウォッチを梱包する時のコツと注意点

ポイント

ディスプレイ部分を保護する

梱包ポイント

スマートウォッチにとって、ディスプレイ部分は、とても重要です。

傷が付かない、衝撃で壊れないように、全体を包む前に、緩衝材等で保護しましょう。

 

バンドはとめて梱包する

バンドは、留め具でとめて、梱包します。バンドをとめないと、バンドがねじれて、型崩れの原因に。

また、バンドをとめると、輪っかの中に、隙間ができます。隙間には、緩衝材を詰めて、型崩れを防ぎましょう。

バンドが外せる商品は、外して梱包しましょう。

 

袋ではなく、箱で送る

緩衝材で包んだスマートウォッチは、袋に入れて送ることも可能。ただし、袋は、箱よりも外からの衝撃に弱いです。

袋の方が梱包もお手軽ですが、スマートウォッチを保護するために、必ず、箱に入れて送りましょう。

 

取扱注意の表示をする

スマートウォッチは、精密機器です。外からの衝撃や振動に弱いので、破損なく受取人に届くように、梱包することがとても重要です。

ただし、丁寧に梱包しても、配送中に雑に扱われることも。

見えやすい場所に、目立つように、

  • 精密機器
  • 下積み厳禁
  • ワレモノ

などの、取扱注意のシールを貼付しましょう。

 

注意点

バッテリーは、航空搭載に制限がある

梱包注意

スマートウォッチには、

  • 充電式のリチウムイオン電池
  • 一般的に充電できないリチウム金属電池や酸化銀電池

などのバッテリーが内蔵されています。

バッテリーは、陸送の場合は問題ありません。ただし、航空機による輸送は、制限があるので、注意。

発送時に慌てないためにも、どの電池が使われているのか、事前に調べておきましょう。

 

陸海上輸送になって、配達が遅れることも

スマートウォッチのバッテリーは、航空搭載の基準を満たしています。ただし、日本郵便は、ゆうパックの配送のみ、航空輸送が可

  • 郵便物(レターパック、スマートレターを含む)
  • ゆうメール
  • ゆうパケット

は、航空輸送不可。

ゆうパック以外だと、陸海上輸送になり、配達日数が1~4日程度遅れるので、注意。

 

品名欄には、電池の種類を明記

ゆうパックや宅急便で送る場合、送り状の品名欄には、「電池」ではなく、具体的な電池の種類を記入しましょう。

例えば、

  • スマートウォッチ(リチウムイオン電池あり)
  • スマートウォッチ(リチウム金属電池あり)
  • スマートウォッチ(酸化銀電池あり)

などと記入。

 

リチウム電池マークが必要な場合も

充電式のリチウムイオン電池の場合、リチウム電池マークを貼付する必要があります。

ただし、ボタン・コイン形のリチウム電池の場合は、リチウム電池マークの貼付は不要。品名欄には、スマートウォッチ(リチウムボタン電池(又はリチウムコイン電池))と記載しましょう。

 

スマートウォッチの梱包例

エアパッキンで、完璧な梱包

分厚いエアパッキンで、頑丈に梱包されていますね。スマートウォッチが、360度、きっちりエアパッキンで包まれています。

外からの衝撃を防いでくれるので、安心ですね。

 

 

梱包箱は、サイズに合ったものを使用する

梱包箱が、スマートウォッチの大きさに合っていません。しかも、隙間埋めの緩衝材が不十分のため、スカスカです。

また、購入箱も、商品の一部と考える人もいます。購入箱も、丁寧に梱包しましょう。

梱包箱は、大きすぎず、サイズに合ったものを使用しましょう。

 

  • 腕時計用の梱包箱は、見た目もおしゃれ

購入箱がない場合は、腕時計用の梱包箱があると便利。

緩衝材を使って梱包するより、手軽に梱包でき、見栄えも良くなりますね。

 

 

まとめ

  • スマートウォッチの梱包は、ディスプレイ部分が重要なので、丁寧に保護する
  • 安く送れるのは、定形外郵便(規格外)
  • 型崩れ防止のため、バンドはとめて梱包する
  • バッテリーは航空搭載に制限があるが、基準を満たしているので、航空搭載可
  • 小さいサイズの梱包箱があると、サイズに合っているので、便利

 

スポンサーリンク