ダンボール隙間1

段ボールの隙間を埋める方法は?

荷物が動かないように、しっかりと隙間を埋めて固定しよう!コツや注意点を詳しくレクチャーするね!

  • 段ボールの隙間を埋める方法は?
  • 段ボールの隙間を埋める100均アイテムの例
  • プレゼント用の段ボールの隙間を埋める時のコツ
  • 段ボールの隙間を埋める時の注意点
  • 段ボールの隙間を埋めないデメリット

をまとめました。

段ボールの隙間を埋める方法は?

  • 緩衝材を活用して荷物を固定

ダンボール隙間2

荷物を送る時、ダンボールの中に隙間があるまま梱包すると、輸送中の破損リスクが高まります。

安全に荷物を送るために、ダンボールの隙間はしっかりと埋めましょう。

 

  • 新聞紙やチラシで埋める

ダンボール隙間4

どの家庭にもある新聞紙やチラシは、梱包資材として使うほかに、緩衝材の代わりにもなります。
緩衝材を購入するコストや手間がかからないので、手軽に活用できるのがメリットです。

使用する時は、クシャクシャに丸めてダンボールの隙間に入れましょう。

加工が不要なところも良い点ですね。

 

  • エアークッションやプチプチで埋める

ダンボール隙間4

 

ダンボール隙間5

割れ物や電化製品などを送る場合は、細心の注意をはらって隙間を埋める必要があります。

保護機能が抜群なエアークッションやプチプチなどを使うのがおすすめです。

 

段ボールの隙間を埋める100均アイテムの例

  • ペーパークッション

ペーパークッション

100円ショップのセリアでは、写真のようなペーパークッションが置いてありました。

プレゼント用のダンボールの隙間を埋めるのに、ピッタリですね。

 

  • バラ緩衝材

バラ緩衝材

セリアには、大きなハート形のバラ緩衝材もありました。

たくさん入っていますが、もちろん100円です。

 

  • 色付きのプチプチ

色付きプチプチ

珍しい色付きのプチプチ をセリアで発見。ブルーの他にピンクもありました。

約620×600mmが1枚入っています。

透明のプチプチよりユニークなので、見栄え良くしたい時におすすめです。

 

プレゼント用の段ボールの隙間を埋める時のコツ

見栄え良くする

ダンボール隙間 見栄え

荷物がきちんと保護された状態で送るのがベストですが、見栄えが悪くなっては残念な印象を与えてしまいます。

プレゼント用に送る場合は、見栄えを意識した緩衝材を選びましょう。

新聞紙やチラシだと見た目が悪いので、ペーパークッションやバラ緩衝材を使うのがおすすめです。

 

プレゼントのサイズに合ったダンボールを使う

大き過ぎるダンボールの場合、隙間を埋めるのに緩衝材をたくさん使う必要があります。

荷物を開封したあと緩衝材はゴミになるので、使う量は少ない方がベターです。

受け取った人の負担も配慮して、プレゼントのサイズに合ったダンボールを使いましょう。

 

段ボールの隙間を埋める時の注意点

荷物によって隙間を埋めるアイテムを変える

ダンボール隙間 注意1

梱包する荷物の特徴に合わせて、隙間を埋めるアイテムを決めましょう。

割れ物なら、クッション効果の高いエアークッションやプチプチを使うと安心です。

衣類などであれば、輸送中に荷物同士がぶつかっても影響が少ないので、紙類の緩衝材でも問題ないでしょう。

 

新聞紙やチラシは固く丸めすぎない

新聞紙やチラシでダンボールの隙間を埋める場合は、丸めすぎないのがポイントです。

紙を強く丸めて固くしてしまうと、クッション効果がなくなってしまうので、注意が必要です。

紙は空気を含むように軽く丸めると、ちょうど良くなります。

 

段ボールの隙間を埋めないデメリット

  • 輸送中の衝撃で荷物が破損する恐れがある

ダンボール隙間デメリット

ダンボールの中に隙間があると、輸送中のちょっとした衝撃や揺れで荷物が動き、破損する可能性があります。

輸送中のトラブルを防ぐためにも、ダンボールの中は隙間を埋めて、荷物をしっかりと固定しましょう。

 

まとめ

  • 段ボールの隙間を埋める方法は、緩衝材を活用して荷物を固定する
  • 段ボールの隙間を埋める100均アイテムは、ペーパークッションやバラ緩衝材、色付きプチプチが便利
  • プレゼント用の段ボールの隙間を埋める時は、見栄え良く、プレゼントのサイズに合ったダンボールを使う
  • 段ボールの隙間を埋める時は、荷物に合った緩衝材を使う
  • 新聞紙やチラシでダンボールの隙間を埋める場合は、固く丸めすぎない
  • 段ボールの隙間を埋めないと、輸送中の衝撃で荷物が破損する恐れがある
 

スポンサーリンク