ブランケット、タオルの梱包方法

ブランケット、タオルケットの送り方は?

たたみ方が梱包のポイントだね!包装する手順を具体的に見ていこう!

梱包マン
  • ブランケット、タオルケットの梱包方法
  • ブランケット、タオルケットを安く送る方法
  • 梱包する時のコツと注意点
  • 圧縮する方法と注意点

がわかります。

ブランケット、タオルケットの梱包方法

ブランケットの梱包の仕方

  • シワをよく伸ばして、小さくたたむ

ブランケットの梱包方法

ブランケットは、たたみ方次第で、とても小さくなります。

しかし、あまり細かくたたんでしまうと、シワになってしまうことも…。まず広げて、全体のシワをよく伸ばしましょう。

たくさん折るとシワができるので、細かく折り過ぎないこともポイント。

 

1.ブランケットの縫い目がほつれてないチェック

 

ブランケットの梱包方法2

たたむ前に、ブランケットの状態をチェックしましょう。

新品でも、糸がほつれている可能性があります。

糸がほつれていると、生地が傷みやすくなるので、要注意。

あまりに糸が大きく出ている部分は、ハサミで短く切ると良いでしょう。

 

2.ブランケットを広げて、シワを伸ばす

ブランケットの梱包方法3

ブランケットは、たたむ前にシワが寄らないように、よく伸ばしましょう。

伸ばしてからたたむと、たたんだ時に、端同士が合わせやすくなります。

 

3. ブランケットを2つ折り、または3つ折りに

 

ブランケットの梱包方法4

ブランケットを2つ折り、もしくは3つ折りにたたみます。

【2つ折りがおすすめ】
  • ひざ掛けぐらいの小さいタイプ
  • 生地が薄いタイプ

 

【3つ折りがおすすめ】
  • 脚全体をカバー出来る大きいタイプ
  • 裏起毛などの厚みのあるタイプ

4.梱包しやすいように、3つ折りにする

 

ブランケットの梱包方法5

先ほどたたんだブランケットを、さらに3つ折りにします。

 

5.たたんだブランケットが入る、ビニール袋を用意

ブランケットの梱包方法6

ブランケットが濡れないように、ビニール袋で包みます。

ジッパーつきの袋があると、袋の中の空気が抜きやすいので、おすすめです。

 

6.ビニール袋にいれて、中の空気を抜く

ブランケットの梱包方法7

ビニール袋にたたんだブランケットを入れたら、袋の中の空気を抜きます。

端から少しずつ空気を出すと、シワになりにくいです。

ジッパーつきの袋に入れると、空気が袋の中に戻りにくくなります。

 

7.厚みのある紙袋に入れる

 

ブランケットの梱包方法8

ビニール袋に入れた、ブランケットが入る大きさの袋を用意します。

  • 厚みのある紙袋
  • 中身の透けないビニール袋

を使うと雨の日でも、中身が濡れにくいので、安心ですね。

袋がない時は、段ボールに入れてもOKです。

 

8.隙間を作らないように、ブランケットを入れる

ブランケットの梱包方法9

袋の中に隙間があると、配送時に中で動いて、シワが寄りやすくなります。

隙間を作らないように、端までしっかりブランケットを入れましょう。

 

9.袋の中の空気を抜く

ブランケットの梱包方法10

袋の厚みを薄くするために、袋の中の空気を抜きます。

袋の端を押さえながら、少しずつ空気を抜きましょう。

マチが広い袋の場合は、テープで止めると、空気を抜きやすくなります。

 

10.袋の口を折って、テープで止める

ブランケットの梱包方法11

袋の空気を抜いたら、口部分を折り、テープで固定します。

粘着力の強いビニールテープや、ガムテープを使い、封をしたら、ブランケットの梱包が完了です。
 

写真だけじゃなく、動画でも説明してるよ!

梱包マン


 
 

タオルケットの梱包の仕方

  • かさばるものは圧縮して、小さくする

タオルの梱包方法

タオルケットは、ブランケットよりも大きいので、かさばりますよね。小さくたたんでも、梱包後の荷物が大きくなってしまうことも…。

コンパクトに送りたい時は、圧縮袋を使うのがおすすめ

圧縮袋は、布団用の大きいサイズものが便利です。

 

1.タオルケットの状態を確認する

タオルの梱包方法1

タオルケットの縫い目や、汚れ・色褪せなど、生地の状態を確認します。

大きく糸がほつれている場所は、ハサミで短く切っておきましょう。

 

2.タオルケットを広げて、シワを伸ばす

 

タオルケットの梱包方法

タオルケットをたたむ前に、シワを伸ばします。

圧縮袋を使うと、シワがよりやすいので、端までよく伸ばしましょう。

 

3.圧縮袋を用意する

 

タオルケットの梱包方法3

タオルケットを入れやすい、大きめの圧縮袋を用意します。

布団用の圧縮袋を使うと、厚みのあるタオルケットでも、圧縮しやすくなります。

 

4.圧縮袋の大きさに合わせて、タオルケットをたたむ

タオルケットの梱包方法4

用意した圧縮袋の大きさに合わせて、タオルケットを畳みます。

あまり小さくたたむと、圧縮した時にシワになるので、要注意。

 

5.たたんだタオルケットを、圧縮袋に入れる

 

タオルケットの梱包方法5

先ほどたたんだタオルケットを、圧縮袋に入れます。

タオルケットの端をもち、圧縮袋の奥へまで、しっかりと入れるのがポイント。

 

6.圧縮袋の空気を抜く

タオルケットの梱包方法6

圧縮袋にタオルケットを入れたら、袋の中の空気を抜きます。

圧縮袋の中の空気が抜けたら、空気を抜く穴を閉めて、密閉状態にします。

 

7.圧縮したタオルケットが入る、箱・袋を用意する

タオルケットの梱包方法7

圧縮袋に入れた、タオルケットが入る大きさの袋、もしくは段ボールを用意します。

 

8.袋・もしくは段ボールに入れる

タオルケットの梱包方法8
圧縮したタオルケットを、先ほど用意した、袋・または段ボールに入れます。

圧縮したタオルケットが大きい場合は、袋に入りやすいように、2つ折りにしましょう。

9.袋、または段ボールをテープで止める

タオルケットの梱包方法9

袋や、段ボールにタオルケットを詰めたら、封をします。フタが開かないように、粘着力の強いビニールテープや、ガムテープがおすすめ。

しっかりと封をしたら、タオルケットの梱包は完了です。

 

ブランケット、タオルケットを安く送る方法

安く送る

  • 薄いブランケットは、クリックポストで送る

ブランケット、タオルを安く送る方法

ブランケット、タオルケットの発送方法【目安】
発送方法 クリックポスト
送料 188円
重さ、サイズ 1㎏以内 34×25cm以内 厚さ3cm以内
配達日数(例:東京~)
  • 同じ東京まで約1日
  • 大阪まで約1日
  • 北海道まで約2日
追跡 あり
補償 なし
支払い方法 クレジットカード、Yahoo!ウォレット、AmazonPay

小さいブランケットや、薄いブランケットはクリックポストを利用すると、安く送れます。

規定のサイズ内に収まれば、日本全国一律料金で送れるので、便利ですね。

宅急便よりも低価格。送料を安く済ませたい時にぴったり。

厚みのあるブランケットでも、圧縮すれば、クリックポストで送れます

 

おすすめの発送方法

  • 厚めのブランケットや、タオルケットは、ゆうパックで送る
ブランケット、タオルケットの発送方法【目安】
発送方法 ゆうパック
送料 800円~ (送り先の住所によって変動する)
重さ、サイズ
  • 25㎏以下
  • 60サイズ・80サイズ・100サイズ
配達日数(例:東京~)
  • 同じ東京まで約1日
  • 大阪まで約1日
  • 北海道まで約2日
追跡 あり
補償 あり(最大で30万円まで)
支払い方法
  • 郵便局窓口の場合:切手、現金
  • コンビニの場合:切手、現金、電子マネー(コンビニによって異なる)、クオカード、クレジットカード

厚みのあるブランケットや、タオルケットは、軽いものでもかさばりますよね。

大きさのあるものは、ゆうパックを利用すると、他の宅急便よりも安く送れます。

 

またクリックポストとは違い、ゆうパックには補償サービスがあります。

  • ブランド品のブランケット
  • 有名メーカーのタオルケット

を送る時は、ゆうパックの方が安心ですね。

 

メルカリで安く送る場合

  • メルカリで送る時は、ゆうゆうメルカリ便のゆうパックがおすすめ
ブランケット、タオルケットの発送方法【目安】
発送方法 ゆうゆうメルカリ便 ゆうパック
送料 700円~
重さ、サイズ
  • 60サイズ 700円
  • 80サイズ 800円
  • 100サイズ 1,000円
配達日数(例:東京~)
  • 同じ東京まで約1日
  • 大阪まで約1日
  • 北海道まで約2日
追跡 あり(メルカリの取引画面より確認)
補償 あり(最大で30万円まで)
支払い方法 メルカリの取引終了後に、販売利益から送料分が差し引かれる

ゆうゆうメルカリ便とは、日本郵便と提携し、通常の配送方法を安く利用できます。

全国一律料金で利用でき、遠方へ宅急便を送りたい時にぴったり。

厚みのあるブランケットや、タオルケットを段ボールで送りたい時も、通常より安く送れます。

 

ヤフオクで安く送る場合

  • ヤフオクの場合は、Yahoo!ゆうパックで安く送る
ブランケット、タオルケットの発送方法【目安】
発送方法 Yahoo!ゆうパック
送料
  • 60サイズ 600円
  • 80サイズ 700円
  • 100サイズ 900円
重さ、サイズ
  • 25㎏以内
  • 60サイズ、80サイズ、100サイズ
配達日数(例:東京~)
  • 同じ東京まで約1日
  • 大阪まで約1日
  • 北海道まで約2日
追跡 あり(ヤフオクの取引画面上で確認)
補償 あり(最大で30万円)
支払い方法 Yahoo!ウォレットで登録した銀行口座、またはクレジットカードから差し引かれる

ヤフオクでブランケット、タオルケットを送る時は、Yahoo!ゆうパックが便利。

メルカリのゆうゆうメルカリ便のように、通常よりも安く、ゆうパックを利用できます。

送料は、Yahoo!ウォレットで登録した銀行口座や、クレジットカードから引かれるので、現金が足りないって心配もありません。

 

梱包する時のコツと注意点

ポイント

糸のほつれがないか、よくチェックする

ブランケットの梱包方法コツ

ブランケットや、タオルケットは、衣類よりも裁縫が甘く作られているものが多いです。

新品の場合でも、端の糸がほつれていることも…。放置すると、生地が早く傷んでしまいます。

大きく糸がほつれている場所は、ハサミで切っておくのがおすすめ

 

  • ビニール袋に入れてから、梱包する

ブランケットや、タオルケットの生地は、布製のものがほとんどです。

配送中に雨に濡れてしまうと、色落ちや、汚れが心配ですよね。

梱包する際は、ビニール製の袋に入れてから、紙袋や、段ボールに入れましょう。

 

注意点

丸めて梱包しない

ブランケットや、タオルケットのかさを減らすために、丸めて梱包する人もいます。

しかし丸めてしまうと、生地がシワになり、痕がついてしまうことも…。全体のシワを伸ばし、たたんで梱包するのがおすすめです。

 

生地のシワをよく伸ばす

タオルや、ブランケットにシワがよっていると、送り先に届くまで、くっきりと痕が残ってしまうことも。

生地のシワをよく伸ばしてから、たたむことが大切です。

 

ブランケット、タオルケットの梱包例

  • 圧縮袋を使って、かさを減らす

厚みのあるブランケットや、タオルケットを送る時は、かさばりますよね。

圧縮袋を使うと、空気が抜けて、半分以下の厚みに

厚みのあるブランケットや、大きいタオルケットの梱包方法に悩んだ時は、圧縮袋を使ってみましょう。

 

圧縮する方法と注意点

圧縮する方法

  • たたんでから圧縮袋に入れる

ブランケットの圧縮方法

圧縮袋は、以下の2種類に分かれています。

  1. 手動で空気を抜くタイプ
  2. 掃除機で空気を抜くタイプ

ブランケット・タオルケットは、どちらのタイプでも圧縮できますが、袋に入れる前にたたむのがポイントです。

たたまずに入れると、圧縮した際に、生地に大きなシワが寄ってしまいます。

生地のシワをよく伸ばし、たたんでから、袋に入れましょう。

 

  • 手動で空気を抜く時は、端からゆっくりと行う

手動で空気を抜く時は、端から順に、中身を押さえながら、空気を抜いていきましょう。

端からジッパーのある方に向けて、少しずつ空気を抜くと、中に空気が戻りにくくなります。

最後にしっかりとジッパーを閉めて、再び空気が入らないように気を付けましょう。

 

  • 掃除機で吸う場合は、「弱」モードで

掃除機や、クリーナーで、圧縮袋の空気を抜くと、一気に真空状態になります。

手動よりも、手早く圧縮出来るので、梱包にかかる時間を短縮できます。

 

しかし短時間で空気を抜くと、ブランケットや、タオルケットを痛めてしまいがち

特に最初から「強」モードにすると、吸引力が強く、生地が傷んでしまう可能性も…掃除機や、クリーナーを使う場合は、「弱」モードで圧縮を行うのがおすすめ。

 

圧縮する時の注意点

圧縮袋に入れる時は、袋に包まない

ビニール袋に入れたブランケットや、タオルケットを圧縮袋に入れるのは、控えましょう。

圧縮する時に、中の空気が上手く抜けない可能性があります。

 

また掃除機や、クリーナーを使って空気を抜くタイプは、ビニール袋が詰まる可能性があるので要注意

たたんだ状態のまま、何も包まずに圧縮袋に入れましょう。

 

  • 圧縮が終わったら、すぐジッパーを閉める

圧縮袋の中の空気が抜けると、袋の中は、一時的に真空状態になります。

しかし入口のジッパー部分が開いたままだと、すぐ元の状態に戻ってしまうので、要注意。

圧縮した後は、すぐにジッパーを閉めて、真空状態をキープさせましょう。

 

あったら便利なブランケット、タオルケットの梱包材

  • ブランケットを圧縮しやすい、日本製の圧縮袋

圧縮袋の空気を抜く時は、袋を押さえたり、折り曲げることもあります。

丈夫な日本製の圧縮袋は、破れる心配もありません。

柔らかいフィルム製なので、体重をかけて、袋の中の空気が抜けます。

 

  • 大きなタオルケットも、布団用圧縮袋で梱包

衣類用の圧縮袋には、大きなタオルケットは入りにくいですよね。

無理やり入れると、シワがついて痕が残る可能性もあります。

シンブル用の布団圧縮袋は、大きなタオルケットも入れやすいのでおすすめ。

自動で空気穴が閉まるタイプは、圧縮袋初心者でも、簡単に使えます。

 

まとめ

  • ブランケットの梱包時は、縫い目に、糸のほつれがないか、よくチェック
  • シワが寄るので、細かくたたまない
  • かさばりやすいタオルケットは、圧縮袋を使う
  • 薄いブランケットは、クリックポストで、厚みのあるなら、ゆうパックが安い
  • メルカリで送る時は、ゆうゆうメルカリ便のゆうパック、ヤフオクで送る時は、Yahoo!ゆうパックで
  • 圧縮袋に入れる時は、ブランケットや、タオルケットは、たたんでから袋に

最近、売れないあなたへ

フリマアプリより、「ゲオスグ」なら高く売れるかも!

買取アプリで商品を売る人

「ゲオスグって何?」

  • 写真を撮るだけで、売れる値段がわかる!
  • 出品する手間がないので、ラク
  • 即、お金が振り込まれる

「捨てようか迷ってる」

ってあなたも、いくらになるか手軽にチェックできます。

不用品を買取してくれるアプリ

アプリのダウンロードは無料です!

↓↓↓

今すぐダウンロードする

 
 
 

     


スポンサーリンク