アクセサリー梱包箱の作り方は?

アクセサリーの梱包箱は、厚紙を使うのがおすすめ。今回は初めて作る人でも、簡単にできるポイントも一緒に紹介するよ!

梱包マン
  • アクセサリー梱包箱の作り方は?
  • アクセサリー梱包箱を自作する時のコツ
  • アクセサリー梱包箱を作る時の注意点
  • 梱包箱を作る時に便利な材料例

をまとめました。

アクセサリー梱包箱の作り方は?

フタ型のボックスタイプ

  • 指輪や、厚みのあるアクセサリーを入れやすい「フタ型のボックスタイプ」

指輪や、ヘアアクセサリーなどは、飾りが大きいものもありますよね。

厚みのあるアクセサリーは、四角いボックスタイプの梱包箱がおすすめ

箱の厚みを自由に作りやすいので、梱包箱を初めて自作する人にもぴったりです。

 

1.箱に入れるアクセサリーの大きさに合わせて、厚紙をカット

アクセサリーの大きさや、飾りの厚みに合わせて、厚紙を切りましょう。ここでは、適当な大きさにカットするだけでOKです。

A4サイズの厚紙を、使いやすいように半分に切る程度でかまいません。

 

2. カットした厚紙に、2つの箱の型を書き込む

先ほどカットした厚紙に、2つの箱の型を書いていきます。

今回は、ヘアアクセサリーをいれる小さな箱を作るため

  • 本体:縦8cm×横8cm×厚さ2cm
  • フタ:縦8.3cm×横8.3cm×厚さ2cm

の長さで、型になる線を書いています。

フタは、本体の箱よりも、2~3mm大きく仕上げるのがポイント。5mm以上長くしてしまうと、フタと本体の隙間が大きくなってしまうので要注意。

また本体と同じ長さで作ってしまうと、うまくフタが重ならないので気をつけましょう。

 

3.型の外側線をカットする

線を引いた部分をハサミで切ります。4つの角は、線の通りにカットしておきましょう。

箱の形に組み立てる時に、角がない方が、簡単に仕上がります。

 

4.線の外側を、箱の内側に向かって折る

今度は線の外側部分を、箱の内側に折り曲げます。

厚紙がまっすぐ曲げにくい時は、カッターで薄く切り込みを入れると、曲げやすくなります。深く切り込み過ぎて、切り落としてしまうと、箱の形にならないので要注意。

 

5.厚紙と同じ色の紙を、4枚分用意する

厚紙と同じ色の紙を用意します。厚紙ではなく、コピー用紙や、折り紙で十分です。
先ほど曲げた部分と、同じ長さにカットします。

厚さ3cmの箱の場合、3cm×2cm前後のサイズで、4枚用意しましょう。

 

6.小さくカットした紙に、両面テープを貼る

アクセサリー梱包箱を自作する方法

先ほどカットした紙に、両面テープを貼ります。

 

7.折り曲げた厚紙の角同士をくっつけて、小さな紙を貼る

折り曲げた厚紙の角を密着させたら、先ほど両面テープをつけた紙を上に貼ります。

4つのすべての角を、固定すれば、本体側の箱の完成です。

 

 

8.フタ側の箱も、同じように組み立てる

本体の箱のように、もう1つのフタになる箱も、先ほどと同じ手順で作ります。

出来上がったら、本体にフタをかぶせて、うまく重なれば完成です。

 

 

スリーブケース型タイプ

  • フタ型よりも手軽に作りやすい、「スリーブケース型タイプ」

スリーブタイプの箱は、本体に、スライド式のフタ部分をかぶせる箱

フタを作るよりも、スピーディーに作れるので、何個も梱包箱を作らなくてはいけない時にもぴったり。

 

1.本体となる箱を作る

先ほどのボックスタイプと同じ手順で、本体となる箱部分を作ります

今回は、縦10cm×横10cm×厚さ2cmの箱を作りました。

 

2.フタになる、スリーブ部分の型の線を書く

アクセサリー梱包箱を自作する方法

箱の本体に似た、画像のような図面の線を書きます。

スリーブは、左右の厚み部分の線はいらない
ので要注意。マッチ箱のスライドさせるフタが、スリーブ部分です。

本体のフタ代わりになるスリーブ部分は

  • 縦と横の長さは、それぞれ5mm~7mm
  • 厚みは2~3mm

本体よりもやや大きめに作るのがポイント。本体と同じ長さで作ると、本体がスリーブに入らず、フタの役目を果たせなくなります。

今回は、本体が縦10cm×横10cm×厚さ2cmの箱なので

  • 縦10.2cm×横10.2
  • 厚さ2.3mm

の長さで、型をつくりました。

 

3.外側の線に沿って、カットする

先ほど書いた型を、ハサミで切ります。外側の線に沿って、切り取りましょう。

 

 

4.折り目を軽くカッターでなぞる

折り目をカッターで薄くなぞります。

力をかけてなぞると、切れてしまうので気をつけましょう。

 

5.カッターでなぞった部分を、内側に折り曲げる

カッターで薄く切り込みを入れた部分を、折り曲げます。

 

アクセサリー梱包箱を自作する方法

 

6.厚みに合わせたサイズに紙を切り、両面テープをつける

本体の時と同じように、角を留めるための紙を作ります。スリーブは、留める角が2か所しかないので、2枚だけでOK

厚さと同じサイズに、紙を切りましょう。

今回は、縦2.3cm×横2.3cmを2枚作りました。片面に、それぞれ両面テープを貼ります。

 

7.角を合わせて、両面テープをつけた紙を貼る

角を合わせて、先ほど作った紙を貼ります。隙間ができないように、角を押さえながら、丁寧に貼りましょう。

このように、左右2か所を貼り付ければOKです。

 

8.出来上がったスリーブに、本体の箱を入れる

出来上がったスリーブに、本体の箱を入れてみましょう。隙間から本体を入れて、端までしっかりと押し込みます

 

左右の隙間が気になる時は、マスキングテープで固定すると、きれいに仕上がります。

 

 

ピローボックス

  • ピアスや、イヤリングを入れる「ピローボックス」

プレゼント用の箱としても、人気のあるピローボックス。厚紙があれば、簡単に自作することができます。

ピアスや、イヤリングなど、見栄えのする梱包箱に入れたい時におすすめ。小さい厚紙しか手元にない時にも、手軽に作れます。

 

1.厚紙をハガキサイズに切る

大きい厚紙を、使いやすいサイズに切ります。今回は、ハガキサイズ(10cm×14.8cm)にカットして使いました。

 

2.左右それぞれ、外側から4cmの部分に線を引く

外側から約4cm部分に、線を引きます。左右それぞれに引きましょう。

 

3.線を引いた部分を、内側に折り曲げる

先ほど引いた線を、内側に折り曲げます。

 

4.折った部分を手で抑え、端にカーブをつける

折り曲げた部分を手で押さえて、両方の端に、丸いカーブをつけます。

カーブをつける時は

  • 丸い食器(小鉢や、コップなど)
  • ビニールテープや、セロテープ

ゆるやかなカーブがあるものであれば、何でもかまいません。

この時は、ビニールテープの丸みを利用し、10円玉で跡をつけました。
他にも

  • 手芸用のヘラ
  • 硬いプレート

など、なるべく色がつかないもので、跡をつけましょう。

表面に跡がついたら、裏返して、後ろ面にも同じようにカーブの跡をつけます。

 

アクセサリー梱包箱を自作する方法

 

5.カーブの跡に沿って、端を内側に折り曲げる

先ほど跡をつけた部分を、内側に折り曲げます。カーブに沿って、少しずつ指先で折ると曲線を曲げやすくなります。

 

アクセサリー梱包箱を自作する方法

左右だけでなく、カーブの跡をつけた後面も折り曲げるのを忘れずに。

 

6.後面をテープで固定する

後面の端を、テープで固定します。

マスキングテープだけで固定できない時は、先にセロテープで固定してから、上からマスキングテープを貼るのがおすすめ。

 

 

7.全体的に形を整えたら、出来上がり

アクセサリー梱包箱を自作する方法

裏面をテープで固定した後は、ひっくり返して、表面の形をチェック。画像のように、左右が対象に近い形に出来たら、完成です。

アクセサリーは、横のカーブ部分を開いて入れます。中身が出てこないように、シールや、マスキングテープでカーブ部分を留めると、見た目もきれいですね。

 

アクセサリー梱包箱を自作する時のコツ

箱に入れるアクセサリーに合わせて、箱の長さを調節する

梱包の箱を手作りするメリットは、アクセサリーの大きさに、自由に合わせられることですよね。
適当な長さの線で厚紙を切ると、箱が大きすぎたり、小さくて使えない場合も。

箱に入れるアクセサリーの大きさに合わせて、箱の長さの線を書きましょう。

 

  • まっすぐに折り目をつける

厚紙から箱の状態に組み立てる時は、折り目をまっすぐにつけましょう。きれいな折り目がついていると、見た目にもきれいですよね。

折り目がつけにくい厚紙は

  • 硬いものさし
  • ハードカバーの本

などを、折り目に合わせて曲げると、まっすぐに折り曲げやすくなります。

また折り曲げる前に、カッターで薄く切れ目をいれておくと、見た目がきれいな折り目がつきやすいです。

 

アクセサリー梱包箱を作る時の注意点

適当に厚紙を折り曲げない

アクセサリー梱包箱を自作する方法

厚紙を折り曲げる時は、適当に曲げてしまうと、まっすぐな線になりません。

  • 力がいれづらい、不安定な場所で厚紙を曲げない
  • 無理やり力任せに曲げない
  • カッターで切り込みを入れる時は、深く切り過ぎないように

注意しましょう。

 

  • 型の線は、なるべく薄く書く

厚紙に箱の形の線を書く時は、なるべく薄く書きます。目立ちやすい太いマジックや、赤・黄色などの色ペンで書くのは避けた方が良いでしょう。

先の細い油性ボールペンや、とがった鉛筆で書くと、箱ができた時に線の跡が目立ちにくいです。

 

アクセサリー梱包箱を作る時に便利な材料例

ハガキサイズや、B5サイズの厚紙

大きいサイズの厚紙は、箱を作る時に、小さく切らないといけないのは面倒ですよね。A4サイズよりも小さい、B5サイズの厚紙は、アクセサリー梱包箱を作る時に便利です。

またハガキサイズの厚紙は、ピローケースを作る時におすすめ。
大きな厚紙をカットしなくても、箱の形を作りやすいので、自作し慣れていない人にもぴったりです。

大きいサイズの厚紙は、箱を作る時に、小さく切らないといけないのは面倒ですよね。
A4サイズよりも小さい、B5サイズの厚紙は、アクセサリー梱包箱を作る時に便利です。

またハガキサイズの厚紙は、ピローケースを作る時におすすめ。
大きな厚紙をカットしなくても、箱の形を作りやすいので、自作し慣れていない人にもぴったりです。

 

  • カッターの下敷きや、厚紙を折る時に使えるカッターマット

カッターを使う時は、下に何か敷いておかないと、机に傷がついてしまいます。
特に厚紙をカッターで切る時は、力を入れないと切り落とせないので要注意。カッターマットが1枚あれば、カッターを使う時も安心して、厚紙をカットできますね。

カッターマットには、1cmごとに目盛りがついているものもあるので、ものさし代わりにも。
また厚紙を折る時に、線に合わせて敷くと、マットの重みでまっすぐ折りやすくなります。

 

まとめ

  • アクセサリー梱包箱の作り方は、厚紙に型の線を書いて作る
  • フタつきボックスタイプは、フタを本体よりも、2~3mm大きく作るのがポイント
  • スリーブタイプの箱は、同じ形の箱をいくつも作る時におすすめ
  • ピロータイプの梱包箱は、ハガキサイズの小さい厚紙でも作りやすい
  • アクセサリーの大きさに合わせて、箱の型の線の長さを変える
  • まっすぐに折り目をつけると、見た目にもきれいに仕上がる
  • 厚紙に箱の型を書く時に、線は薄く書くのがコツ

最近、売れないあなたへ

フリマアプリより、「ゲオスグ」なら高く売れるかも!

買取アプリで商品を売る人

「ゲオスグって何?」

  • 写真を撮るだけで、売れる値段がわかる!
  • 出品する手間がないので、ラク
  • 即、お金が振り込まれる

「捨てようか迷ってる」

ってあなたも、いくらになるか手軽にチェックできます。

不用品を買取してくれるアプリ

アプリのダウンロードは無料です!

↓↓↓

今すぐダウンロードする

 
 
 

     


スポンサーリンク